4月16日、種D26話感想

デステニには関係無いのですが、
リニューアルしたらしい『世界ふ○ぎ発見』がつまんないです。
このミステリハンターの人も好きで、レポートも楽しいんですけど…。

クイズ場面(?)がつまらない。

この番組好きだから洗濯機も冷蔵庫もテレビも番組スポンサーの製品買っていたのに。
むー。見るのやめようかな。

雑談しないと発進準備ができない、26話感想です。


**********


・新OPに思うこと。
歌の良し悪しはよくわかりませんが、私はなぜか女性ボーカルで「僕」というのが違和感あって受け入れられない歌手と大丈夫な歌手がいます。
これ歌っている方は後者です。大丈夫、この声は聞けます。
「僕たちは」って歌っていても別に違和感ありません。はて。

あと、上半身裸のやつ、木村カエラ氏の一番新しい曲のPVを思い出すんですけど…。


・シンとステラ。再開と悲劇。
うわあぁ、どうなるのこの2人。どうなるのー。
必死なシンがいいです。ステラに向ける優しい顔が好きです。
こんな優しい表情ができるんじゃない、シン。
そしてステラがかわいそうでかわいそうでかわいそうで。
まだシンは恋愛感情未満だとは思うのですが、この2人、とにかく幸せになってほしい。
ステラはとにかくちゃんと意志表示をできるようになって「恋愛できる」女の子になってほしいです。まずはそこから。
今はシンがステラを妹みたいに見ていて、(というか「アノ」出会いでシンがステラに恋愛感情を抱いたら嫌だ)「守りたい」って思っているだけで十分です。約束したもんね、シン。
ステラとのなれそめを話す時にシンが「あの子も戦争の被害に遭った子だと…」と言ったのが鍵でしょうか。


ガイアのパイロットがステラだとみとめ、駆け寄るシン。
ステラが怪我してるのに気付いてもう後先考えずに(いつものことか?)ステラ抱えてインパルス乗り込んでミネルバの医務室に直行!
もう誰も彼を止められません!!当然アスランでも止められません。
お姫様抱っこで走る走る!!
「家族を守れなかった」ことを悔やんでザフトに入ったほどのシン、この必死さがすごくいいです。
君は俺が守ってみせる!」とステラのことしか頭に無いシン。
ステラがガイアのパイロットだとか、連合が悪だとか、そういうことを一切考えずにステラの手当てすることしか考えてなくて、そういうところがシンのいいところだよなぁ。
もしかしたら自分が怪我させたことも忘れてるかもしれないけど、それもシンのいいところだよなぁ。
(来週以降それで苦しみまくるんでしょうけど。)

シンの行動にアスランは呆然、連絡を受けたタリアとアーサーもミネルバクルーも驚愕。
アーサーがお得意の「えぇッ?!」で驚くのは慣れましたが、タリア艦長がこんな顔すると大事なんだなーという気がします。
アーサー「何を勝手に!!」と言ったのを見て、今だ!副長の威厳、見せつけろアーサー!と思いましたが、それは無理でした。…私は何を今更…。
ミネルバに到着後も、うるさい!!とかどけ!!とか口の悪さ全開でステラを医務室に運び込むシン。
人はいざって時、本性出ますよね…。いやそんなシンが大好きなんですけど。

医務室の軍医さん、看護士さんもビックリ。艦長の許可無しに敵兵の治療なんてできないそうです。
必死なシンはそんなこと言ってる場合じゃありません。許可なんてすぐ取る!!と言い返します。
人にモノ頼む態度じゃありませんが、今は緊急事態、そんなことは気にしちゃいられません!!今はステラ!!ステラステラ!!
「死んじゃったらどうするんだよ!!」
わーッまたブロックワードを言っちゃいました!!この馬鹿!(シンは勿論そんなこと知らないだろうけど)
暴れてシンや看護士さんに襲い掛かるステラ、そこへ艦長やアスランが到着。医務室の状況に言葉を失います。

看護士さんの首を絞めるステラ。(これ本当に危ない)ステラをなだめようとするシン。
シン、ステラに何度殴られているんだか。
暴れるステラを見るのは切ないです。声がもうすごくって。声優さんて偉大です。

タリアに叱責されるシン。マリューさんと違って、本当に罰せられる模様。
厳しいタリアさん、大好きです。凛々しい。
ダメなものはダメ、もし味方に被害が出ていたら、シンもすごく後悔するでしょうしね。
ステラを抱きしめるシンを見て、切なそうな表情をしたのもいいです、タリア艦長。

薬で眠らされて、拘束されているステラ。これはひどい。本当にひどい。
暴れるからって縛るとは。さすがに見ていて不快になります。
ザフトの技術で、もっとマシな方法無かったんでしょうか?
「けが人なんですよ!」とシンが怒るのももっともです。でも、怪我してなくてもこれはナイでしょうよ。

シン、ステラがエクステンデッドだということを知ってショック。
さらに意識や記憶も操作されていることを知ってショック。「やめなさい」とまで言われました。
目を覚まして暴れるステラ。ステラを抱きしめて呼びかけるシン。
「大丈夫だよ」「僕だよ、シンだよ」ととにかくステラを落ち着かせようとします。
それに対してステラ、一瞬思い出しかけたか…?となりましたが、
「なんだお前は!!」
「あんたなんか知らない!!」ですもんね。
また麻酔で眠らされるステラ。「ネオ…」と呼ぶ声が切ない切ない。
残酷な話です。

それでも諦めずにステラのもとに通うシン。(あの看護士さん、お疲れ様です。)
君がガイアに乗ってたなんて、あんなところにいた子だなんて、と眠るステラに語りかけます。
シンが優しい顔してるから、本当にせつないよ。
なぜか記憶が戻ったのかステラ「シン、会いに来た…シン」、シンは「うん、うん、(ちょっと違うけど)わかる?」とすっごい嬉しそうに。

あぁ、シンとステラに幸せあれ!!

・アスラン。
シンを制止できず、ステラのことでは蚊帳の外気味なアスランです。(ステラのことは覚えているのか?)
こないだの会談のことで悩む場面もありましたが、なんだかんだでシンが心配なんでしょうね。
シンがタリアの部屋に呼ばれた時も外で待っていましたし。
アスランはこれからも一人になるたびに、事あるごとに悩みまくると思いますが、シンのことも気にかけていくでしょう。
ステラとのことも知ってしまったし、尚更。
ちゃんとシンを支えてやれるといいなぁ。一緒にぐるぐる悩みそうですけど。
シンもアスランを内心慕っているようだし、境遇が似ているだけに、アスランはシンを放っておけないだろうしで、シンにとってアスランが支えになれば、と思うのです。

アスランはシンに全部話せばいいんですよ。キラと戦ったこと、カガリとのこと、父のこと、ザフトに復帰したこと全部。
そしたらシンはきっと「アンタは間違ってない!」って言ってくれると思いますから。
シンに言われたらアスランは議長みたいな反応はしないのだろうけど、(苦笑して「ありがとう」くらいかな、)それでもちょっと腹くくれるんじゃないかしら。


・ネオとファントムペイン
最近この子たちを取り巻く環境が残酷すぎて見ていられません。
ステラを「損失」と認定。道具扱いのファントムペイン。
ひたすら後悔するネオ。「道具」扱いなことには悲しみを抱いていた様子。
最適化されるスティングとアウル。ステラの記憶を消せ、とネオが命令。
これは酷いです。兄さんたちの生き甲斐を奪ってしまうなんて。なんてこと。


・出たよ海底のアークエンジェル。うわー出たよキラ様ラクス様。
前半のステラとシン、ファントムペインを見たらノンキなもんですが、海底でプランクトンの死骸を見ながら(あの海底の雪みたいのってそうですよね)語り合っておられます。
「綺麗ですわね」「うん」
お美しゅうございますわね、お二人ともッ。

こないだのアスランとの会談のことに悩んでいるらしいキラ。
アスランなんてチョロイと思っていたのに、洗脳できなかったので心外のようです。
カガリの指輪、ラクスのハロで、アスランショックが尚痛い。
そしてキラ、何が正しいのかは「まだよくわからなくて」だそうです。
お前それでどうしてアスランに対してあんなに偉そうにできるんだ。
「アスランの言うことがもし正しいのなら、僕たちは」みたいなこと言っておられますが、
アスランの言うことが正しかろうが、正しくなかろうが、戦場に乱入して無差別攻撃は凶悪極まりないと思うんですけどッ。

お前らの破壊活動をアスランのせいにされてたまるかーッ。

キラ様は「じゃあどうするのが一番いいのか」と悩んでおられます。
提案させていただきます。

ひっこんでろ。

二度と出てくるな。
(暴言失礼!)

ラクスは「ですから私見てまいりますわ。プラントの様子を」とプラント行きをキラに告げます。
大反対なキラ。大丈夫、とラクス。
やっぱり最強なのはラクス様です。キラもラクス様には逆らえません。
「行くべき時なのです」と言ったラクスをちょっと好きだと思ってしまいました(笑)。

「アスランの言うことなんて議長に洗脳されててアテになりませんから、私が行って議長が黒いことを証明して参りますわv」
ということでしょうか。

すべてはキラ様万歳のために。世界は電波に味方するんです。

ミーアの慰問ライブ終了、今がチャーンス!ということでプラントへ。
展開速いです。迅速な行動です。
ラクス様の決断がもっと早かったらハイネ他連合、ザフトの兵士たちたくさんは死ななかったかもしれません。
プラント行くのはラクス様とアンディーと、あともう一人。(誰?)
アンディーとラクス様、楽しそうです。
そういやなんでボディガード(?)が関西弁だっていうことを知っているんでしょうか、虎は。
サインしまくるラクス様(さすが元祖アイドル!)を口開けて眺める虎がよかった(笑)。
凶悪シャトル乗っ取り。あぁ、どんどん罪状が増えてゆきます。
倒れるザフト兵に手を合わすラクス様。

アンタ今更何を。

そして乗っ取られたシャトルにミサイル撃つザフト。ラクス様ピンチ!!
と思ったらフリーダムがそれを大量破壊。帰れお前。
ラクス様守るために大暴れです。正当防衛って何ですかー?

シャトル追っかけて一緒に行く、というキラを止めるラクス様。賢明な判断です。貴女はプラントを守りました。
「大丈夫。私は必ず帰ってきます。あなたのもとへ」と言って、通信切れた後には切ない表情。
色々忘れたらちょっとジーンとできます。うふふふ。(もう笑うしかない!)


・受難の空港のザフト兵、ミーアご一行様。
お出迎えの無いことにご立腹なミーア。
ミーア、ちやほやされて性格変わったんでしょうか?
本物にムクれるミーアがかわいかったです。
本物と偽者がごっちゃごっちゃで笑えました。

空港で出迎えたあのザフト兵、アーサーの兄弟ですか?驚き方がアーサー。
「早まった発進準備を大急ぎでしろ」と言われているのにラクス様のサインを求めて行列を作るザフト兵。
あなた方仕事しなくていいんですか?ザフト負ける気がするよ。


・はてさてどうするルナマリア。
物陰からじいっとアスランを見ていたり、ストーカーが板についてきました。(違)。
急に重要人物になったルナマリア。機密知りまくりです。いつの間に写真撮ったんですか。
盗撮したアスランの写真、私にもください。(止まれ自分)
まだ会談内容は報告していないようです。悩んでいます。
ラクス偽者、本物ラクス暗殺未遂、アスランの苦悩。
色々知ってしまって頭がついていかないのではないでしょうか。
でも意志のしっかりした子だと思うので、きっと良い方へ進んでくれるのではないかしら。死ななければの話ですが。
この子が悩んでいる間にラクス様がカタをつけてしまわないことを祈ります。


・新しいED。
幽霊がいっぱいでした。
ステラ、その人に話しかけちゃダメ!!連れて行かれちゃうわよ!!
雰囲気が前作の第4期のEDのようなので、これで終わりじゃないことを祈ります。
シンが地球連合側?
またミーア×アスランかぁ…。



**********



26話感想、2006年4月16日作成。

[PR]

by kanade_s | 2005-04-17 00:21 | デステニ感想

<< 4月23日、種D27話感想。 4月9日、種D25話感想。 >>