4月30日、種D28話感想



!!!警告!!!
28話感想は過激な発言が多数ございます。
特にキラを好きな方は、不愉快な思いをされることが予想されるため、御覧にならないでください。
あんまりな発言は慎もうと思っていたのですが、ちょっと今日はダメそうです。
なので、ちょっとイレギュラーに最初に警告文を載せる次第になりました。



宣誓してきちゃったんです。菅平院様のブログのコメント欄で。
リアルタイムで襲い来る悪夢と戦うと。
私、戦いました。
やられました。(ぼろっ)



・まず、雑談をしてみる。

私はデステニを見るまで「ガンダムシリーズ」を見たことがありませんでした。
だからジャンケンで負けた奴が買出しなんかに行くときに
「○○○(←フルネームで)、買出し、行きます!」
と発進(笑)しても「言ってらっしゃーい」と言うだけで、元ネタがあるとは思ってませんでした(笑)。
そうかぁ、あれはガンダムだったのかぁ。
デステニ見始めてから、日常生活で色々発見があります。
そんな生活を送っている中での28話感想、出るよー!(必死のカラ元気)



*******


アバンは先週の不快なおさらいから。
始まるミネルバVSオーブ・連合の戦闘。出撃するキラとカガリ。
アスラン言ったじゃないですか。「オーブに戻れ」って。
だーかーらー、キラ様、引っ込んでいらしてくださいまし。
カガリもホイホイ釣られて出て行くんじゃありませんッ!!ゴッキーかよ!
言葉が通じないのか!!って自国の兵士に向かって涙ながらに叫んでた子が何をするんでしょうね。
…通じなかったんだろうなぁ…アスランの言葉は…うっうっ(涙)。

カガリ「出撃だと?!アスランはああ言っていたじゃないか!!」
キラ「あれ偽者だよ。アスランが僕に楯突くわけないじゃないか。」

とかいうやり取りでも交わされたんじゃないかと疑いを抱くくらい、思いっきり出撃されてましたね、お二人。
ミリアリア!!あなたの好きな世界が危ないですよ!止めてください!!守ってください!!



・タイトルが「残る命、散る命」。繰り広げられる戦闘。
戦闘シーンが好きです。
乱戦が大好きです。わくわく、興奮します。
砲火を浴びるミネルバ。火器で対抗するも大ピンチです!
挟み撃ちされて、突破するしかない!という判断、次々に戦闘支持を出すタリア艦長!
タリア艦長は今日もステキでした!!私も命令されたいなぁw

オーブ軍に攻撃されまくるミネルバ。
ムラサメが「特攻」してましたけど、これっていいのかしらね。
大体、兵士の命犠牲にして相手にダメージ与えようとしてる時点で、戦況かなりヤバいっつーに。
そんな状況で死んだら、それこそ犬死ですよ。あの軍人さんには申し訳ないけど。
しかもカガリの目の前で、ムラサメごと突っ込んでいかなくてもいいじゃないですか。
いくら戦場に演説していくのが愚行とはいえ、カガリにこんな思いさせなくてもいいのに。

モビルスーツ隊もかなりの被害です。ルナマリアとアスラン、無事ですよね?!
レイのザクだって最後には両腕やられちゃってましたよね…。活躍するところ見たかったのに。



・アスラン!!
オーブ軍のムラサメを撃ち落すアスラン。
「オーブを撃たせたくない」「お前、どことなら戦いたい?」「割り切れよ」など、
ハイネとかキラの言葉を思い出しながらぐるぐる思い悩んでセイバーに乗るアスラン。
危ないですからッ!!
悩んでるアスランは好きだけど、戦闘の真っ最中に悩まないでください!
ステラの得意技はくるくるどぼん、ですが、今日のアスランはぐるぐるどぼん!!でしたね…(遠い目)
しかもぐるぐるはいくら繰り返しても繰り返し足りないくらいです…。(遠い目のまま溜息)



・トダカとユウナ、極限の状況で。
今日も偉そうなユウナ。どうしょもなく小物。
ついにユウナに食って掛かるトダカ。死ぬ前には一度やっておかねば気がすまなかったのでしょう、ユウナを突き飛ばしてました。
「とにかくミネルバさえ落とせば!」とユウナはとにかく言います。
ミネルバ落としても戦争が終わるわけではないので、オーブ軍の軍人さんはまだまだ死ぬことになりそうです…。
オーブの軍人さんたちはきちんとしている人が多いので、いっそう憐れです。
ユウナ間抜けすぎですよ。
最後は空母まで発進、トダカだけが残り、ユウナと部下は脱出。
彼らはこれからどうなることやら。



・アスランVSキラ
アスラン、キラキラ病、出る!!
「やめろキラ!」ってめっちゃ言ってるし。これ、もしも私がキラアス好きだったら興奮できたのかしら…?(ぼそっ)
キラとカガリに言いたいです。

どうして君達はこんなところまできてしまったんだろう。

気分は最終回モードですよまったくッ。

アスラン!!キラを止めてやってください!!
キラは撃ちたくないのに戦場に颯爽と窃盗したモビルスーツで現れるんですよ。
彼を誰も止めてくれないんですよ?あぁ、キラって可哀想ッ(吐き捨て)!!

アスラン!そこで友人であるあなたの出番です!
キラを戦場から追い出してやってくださいッ!!

いっそ葬ってやってくださいッ!!(暴言失礼)

待望のキラVSシンか?!と思いきやそこに割って入るセイバー!!
インパルスを庇うセイバーですよ!!きゃあー(興奮)!!
アスランはキラ相手に「下がれキラ!!お前の力は戦場を混乱させるだけだ!!」

言ったれ言ッたれー!!

インパルスVSフリーダムに割って入ったセイバーには興奮しました。
シンを後輩として大事に思っているアスラン。いいわぁ。

キラVSアスラン。
本格的に戦闘しています。キラなんて「アスラーン!!」って絶叫しているし。
アスランは「しかけているのは地球軍だ!じゃあお前達はミネルバに沈めというのか!?」と至極まともに返します。
キラはそれには答えず(沈めってことかい?)「どうして君は!」とアスランに問い返します。
アスランは「だから戻れと言った!撃ちたくないと言いながら、なんでお前は!」とやっぱり言うことはまともです。
キラの言い分は…。
「君の言うこともわかるけど」

嘘つけえぇーッ!

「でもカガリは今泣いているんだ!こんなことになるのがイヤで今泣いているんだぞ!(中略)
この犠牲も仕方の無いことだって、すべてはオーブとカガリのせいだって、そうして君は撃つのか?!今カガリが守ろうとしているものを!」

でもキラさ、さっきオーブ軍思いっきり撃ちませんでしたっけ?

カガリはきっとお前がラクスと隠遁生活してる時にもひとりで泣いていたと思いますけど?
政治の場にお飾りとして放り込まれて、無力な自分に泣いていたと思いますけど?
そしてアスランも何もできない自分に歯がゆい思いをしていたと思いますけど?
今さらノコノコと出てきた奴がいったい何を言うかーッ!!

「ならば僕は君を撃つ!」とキラ覚醒!!

言うに事欠いていったい何をほざくかあぁー!!!


しまいにはフリーダムにバラバラにされるセイバー。

あああアスラーン!

なんかいつもにも増して破壊してませんか?キラ。
セイバーごとアスランは海に落下!!
キラに撃たれたことに呆然としながら落ちてゆくアスラン。

あああああアスラーン!!

生きてるかアスラーン?!

ぐるぐるしてるからやれらちゃいましたよ!!
ハイネもお空で泣いてますよ!
しかしこれは・・・だるまどころでないんでないかい・・・?
お前さんが葬られそうになってどうするんですかアスラン!!

アスラン!!やっぱりキラはアスランのことなんてどうでもいいと思ってますよ!!

これを機会に縁を切ればいいんですよ!割り切れアスラン!!

高い勉強代ですけど、これは友人のすることじゃありませんッ!!


かつてクルーゼは言いました。
「誰もが君のようになりたいのだよ」と。

誰もキラみたいになりたくなんかありません!!

あんなになったら人間おしまいですッ!!




・タリア、アークエンジェルを「敵」と認定。
オーブ軍のすさまじい攻撃にミネルバピーンチ!さらなる集中攻撃がッ!
ミネルバはかなりボコボコにされましたね。
そんなミネルバブリッジに向かって、ムラサメが銃を向けました!
そこへ登場してムラサメの武器を破壊、ミネルバの窮地を救ったフリーダム。
しかもついでと言わんばかりに2機撃ち落して行きました…。
キラ、ザフトだろうが連合だろうがオーブだろうが人の女だろうが(←それは別の話だ)

本当に見境無いです…。いい加減にせい。

窮地を救ったフリーダムをタリアは「敵」と認定。
ナイス判断です!
そうです!!人々が健忘症気味なこの世界にあって、タリア艦長の記憶力は正常でした!
あの反則(販促って出てしまいましたよ…)的な強さを持つ死神にタンホイザーを破壊されたことを忘れてはいませんでした!

ルナマリアの被弾は結構びっくりしました。とりあえず生きててよかったです…。ほっ。
レイの「ルナマリア!」、メイリンの「お姉ちゃん!」はよかったなぁ。
メイリンは「思わず!」という感じで勤務中ですけど、姉妹の感覚で「お姉ちゃん!」でしたよね。
でもその後ちゃんと仕事してたので、この子実はすごいんじゃないかと密かに思っていたりします。
意外に肝が据わっていて意志のしっかりしているメイリン。



・スティングは生き残りましたが…。
アスランに向かって「逃げてんじゃねーよ!」は個人的にヒット。
セイバーのカオスからの逃げっぷりはなかなか見事でしたもんね。
しかもくるくる変形するわするわ。
「やーいバーカ!」「撃ってみろバーカ!」とか言われていると思われても仕方ありません、あのセイバーの行動(苦笑)。
スティングは口の悪いアウルの子守をずっとしてきたわけですし(今日は泣笑)「あンの野郎ッ!」と思っていても無理ないです。

しかし蓋を開けてみれば、あっさりとフリーダムにやられるカオス。
「もらったぜ、てめえら!」って言ったのに、
セイバー追っかけてキラに破壊され、海にどっぼん!って切なすぎですから。
アスランがあんなに苦労した(?)カオスを一瞬であっさりと!
この破壊神めが!!せっかくの戦闘シーンがつまらなくなったじゃないの!!
キラ強すぎですよ、まったく…。引っ込めー。

カ・エ・レ!カ・エ・レ!!

カオスはかなり大破しましたが、スティングはどうにか生きているようです。
でも…。
アウルも死んで、ステラの記憶も無くて、もう完全に戦闘マシンとして生きていくしかないのかしら。
生きていても、これでは辛すぎます。
アウルの記憶まで消されてしまったりしたら、もうどうしようもなく残酷です。
アビスが爆発するところは直接目にしていないにしても、「アビスの遭難地点は…」というアナウンスが流れたときの、ハッとしたスティングの顔。
アウルを弟みたいに大事に思っているのがよくわかります。辛いよう。
辛い、切ない、残酷すぎて見てられない、最近ファントムペインの子たちに抱く感想はこんなのばかりです(涙)。



・再び武力を駆り、戦場に出てしまったカガリ。
またしても戦場にフリーダムと一緒に乱入して演説を始めたカガリ。アスランは呆然。さすがにアスラン気の毒ですわ…。
あんまり危ないことしてると、本当に「撃たれちゃえ!」って言いそうになりますわ。まったくもう。
演説だけじゃなくて、立ちはだかって止めようとするんですもん。ハラハラしちゃいます。
あくまでミネルバを撃とうとするオーブ軍の行動にショックなカガリ。
この子、アスランの言うことより、キラやオーブの一般兵の言うことを聞きますよね(苦笑)。
説得力はアスラン<オーブの一般兵な力関係でよろしいのでしょうか?
だってアスランが言うよりもオーブの一般兵のお説教の方が効いているみたいなんですもん。

必死に軍を説得しようとするも、聞き入れてもらえず、ムラサメに投げ飛ばされるストライクルージュ!
アスランもこのくらいすればよかったんですよ(ぼそっ)
イージスだったら組み付いて捕獲しちゃばよかったのに…。「俺と来い!」って言っちゃえ!(止まらない妄想)
しかしカガリのピンチに「カガリ!」って言うのはキラの役目ですか?
ここでアスラン息飲んで「うぁ」って言ったきりだし!

カガリ今日は何度「やめろオーブ軍!」って言ったことでしょう。しかも戦場で。

まぁ、アスランより国民を優先させるカガリが好きです。
そんなカガアスもいいです。

目の前で次々とオーブ軍が沈められるのを見て、彼女の悲しみは半端じゃなかったと思います。
だからこそ、これからAAを降りて、自分の道を進んでほしいです。
この先、心強い味方を得るようなので、彼女の笑顔が見られる日もそう遠くないと願います。



・シン
どうも感想が沈みがちになるので、景気づけに今日やたらと元気だったシンの応援でもしてみたいと思います。

かっとばせー!シン・アスカ!!

フリーダムた・お・せー!!オー!!

かっとばせー!シン・アスカ!!

ステラを守れー!!オー!!


・・・間。

とにかく台詞も少なく、ずっと大暴れだったシン。
種割れバーサーカーなシンが実は大好きだったり。
あの凄まじい形相が大好きなんですよ。かわいいシンも好きですが。

アビスと戦闘、アビスを撃破しました。ブラストシルエットを破壊されても、換装してバーサーカーです!
またしても戦場に乱入してきたフリーダムとカガリに怒り心頭!
「あいつら、また!」まったくその通りです!怒れ、シン!!
カガリに対しても「また…あんたは…そんな奇麗事をいつまでもー!」とブチ切れ。
フリーダムには「お前も…ふざけるなー!!」と、なんともスッキリすることを言ってくれました。
怒りで覚醒していましたね。激怒→覚醒なんて、ヒーローじゃないですか!
いいぞシン!!主人公だよお前!!
悪鬼の如き表情で、大量殺戮を繰り広げるシン。

でもカガリ撃つのはちょっと待ってください!
その子は敵じゃないです…多分。
アスラン、カガリが撃たれた時、「カガリ!」じゃなくて「シン!」って言いましたね…。
捨てられてからじゃ遅いですよ、アスラン。

フリーダムに襲い掛かるシン!!

よっしゃ行けえぇーッ!!

やっちまえーッ!!


しかもフリーダム追い込んでますよ!!すごいじゃない、シン!!
アスランの介入もあって結局、シンVSキラの決着はつかないままでしたが、今日一番ドキドキしました。

ソードシルエットに換装してからは、戦艦ばっさばっさ。
「全艦たたき斬ってやるッ!!」
のシン、最高です!換装の指示って、覚醒しないと出せないんだろうか?



・散った命。最後に彼は何を思ったのだろう。
インパルスVSアビス。海上でものすごい戦闘でした。
しかもアウル、アウル節全開でした。
「今日こそ落とーす!」とか、最期にアウルらしい台詞がいっぱい聞けました。(落とされちゃいましたけどね。・涙)
水面すべるブラストインパルスの絵が大好きです。かっこいい!
わざとスラスターを調整して水に沈んでビームを避けるのもかっこいい!!
シンはアウルが強化人間かもしれない、とディオキアの町でのことや研究所を思い出してました。
コックピットの中身、見えていたのか…?(まぁいいや考えないでおこう)
シンのインパルスで散ったアビス。
槍がコックピット直撃ですもんね。ざっくり。
アビスの最期は海に沈んで、爆発。水中用MS、水中に散りました。
「大事な」ステラに会うことも、思い出すことも無く散ってゆきました。
ネオの「アウル!!」が良かったです。
この人、これ以上部下を死なせたくなかったんだろうに。(ステラは生きてますが)
スティングも、アウルの死を知ったら、いったいどうしてしまうんだろう。
もう3人そろったところは見られないんだなぁ(涙)。



・散った命。トダカの判断は、未来に何を残すだろう。
トダカはかつて自分が世話をした少年に艦ごと沈められるという、残酷な結末を迎えました。
トダカがウズミより偉い点は、自分ひとりで散って、思いを同じくする者を残したこと。
これはウズミが腹心連れて自爆した後、味方はいないわひとりで何もできないわなカガリを見て、歯がゆい思いをした故の判断だと思います。
アークエンジェルへ行け、というのは、カガリと合流しろ、と同義ですよね。
アークエンジェルへ行け、だけど、アークエンジェルに乗って戦え、ではありませんよね?ね?

とっととあのヤバい艦からカガリ様を救い出せっていうことですよね?

カガリがこれで意を決してくれたら、トダカも浮かばれることでしょう。
トダカの散り方、私はこれでいいと思います。悲しいけど。

とうとう恩人を手にかけてしまったシン。
28話では自分の沈めた空母にトダカが居たとは気付いていないみたいでした。
いつか、自分が手にかけたのがトダカだと知る日が来るでしょうか。(というかそう願います)
知らないことが救いになるのでしょうけど、ちょっとここは主人公としての試練を期待します。
部下も生き残っていることですし、それを知った時のシンの反応が楽しみです。
シンも自分がしたように、憎しみをぶつけられてみればいいです。(ついでにキラも、自分が殺した人間の関係者から憎しみをぶつけられてほしいです…。)
私はシンが大好きだからこそ、その展開に期待します。

炎の中でたたずむトダカ、シンの過去編の映像と、現在のバーサク化したシンが映って、そこにEDの曲が流れてきた演出は最高でした。
カガリと一緒に私まで泣くかと思いました。



*******



・終わりの雑談
EDテーマの曲のサビを思い出そうとすると、スピッツの『恋のはじまり』が浮かんできます。
EDの曲の印象がまだ薄くて、しかもスピッツの歌とちょっとサビの出だしが似てるものですから。
『恋のはじまり』は良い曲ですよ!サビの歌詞が最高なんです。

「それは恋のはじまり そして闇の終わり 時が止まったりする」

あぁ、良い曲ですwスピッツ大好きなんです。
スピッツついでにカガアス、シンステファンの皆様。『正夢』という曲の

「愛は必ず最後に勝つだろう そういうことにして生きてゆける」

という歌詞を支えにがんばりましょう!


28話感想、2005年4月30日作成。


[PR]

by kanade_s | 2005-05-01 00:36 | デステニ感想

<< 総集編にそなえて 4月23日、種D27話感想。 >>