5月14日、種D30話感想



項羽の死体もあんなにバラバラにならなかっただろうに。

則天武后に処刑されてもあんなにバラバラにならなかっただろうに。


というくらいにキラだかヤマトだかいう破壊魔にバラバラにされたアスランのセイバー。
アスラン、生きてるか?!と思ったら総集編。(或る人はそれを「休息」と言いました・ナイス表現)

そして始まった30話…。感想、どうぞ!

※管理人からのお願いです※
今回もキラに関しては毒づいております。
デステニでもキラが好きな方は読まないでください。ご気分を害されます。



*******



・OP前は。
また28話のおさらいからですか。あんな内容薄い総集編の後なのに。
「カガリは今泣いているんだ!!なぜ君はそれがわからない!!」
あーあーハイハイハイハイ。

今見てもトダカは余計なことを言ったものです。
せっかくの感動シーンが…。
OP、総集編のせいで議長とタリアの印象が変わりました(笑)。



・とりあえず命は無事だったミネルバのパイロットたち。
モビルスーツも戦艦もボロボロ。エンジン無事でも怖くて動けませんよ。
わーザクがー。セイバーがー。
セイバーは本当に手足だけバラバラだったんですねえ。
直すの無理らしいですよ。整備士さんたちもお手上げです。
「フリーダムだって?やったの。」
ついでにそのパイロットはアスランが友人だと思い込んでいる人物です。
(ついでにアスランはフリーダムに討たれてもカガリには見向きもされませんでした。)


多分今のアスランの精神状態はセイバー以上です。

「さすがのフェイスでもアレには勝てないか」
しかしキラに何の弱みを握られているんだ、アスラン。
戦う気が無いのなら、戦場になんて出るんじゃありません!キラを見習っ…ちゃ駄目だ駄目だ駄目だ。

フェイス最後の砦・タリアに被害状況を報告するアーサー。
「毎度毎度、後味の悪い戦闘だわ。敗退したわけでもないのに。」
とため息のタリア。ミネルバはジブラルタルを目の前にして補給と修理です。
本当に、AA出てくると後味が悪いです…。

ルナマリア無事でした。
よかったよかった。包帯だったけど。
そういえば、ルナマリアのスカートの下、あの半パンかしら。スカートのままで寝たらスカート皺になるよ!
包帯にスポブラって…いいわあ。(コラ)
先週の包帯アスランも萌えだった…。
瀕死とはいえ、エクステンデッドと同じ部屋に寝かさなくてもいいのに。そんなにベッド無かったの?
仮にも赤服なんだし。ルナマリアに何かあったらどうするんだー!

ようやく休憩が取れたらしいメイリンが整備士君たちと話していました。
この人たち、大忙しですよねえ。
戦闘中のシンのすごさについて語るメイリン。
普段からツンケンして怖いらしいですよ、シン(笑)。
ステラへのあの優しさはどこから湧いてくるんだか。
メイリン、前はシンのこと「ガキ」呼ばわりだったのに。

どうしてキラは怖がられないでシンは怖がられるんですか(笑)?

キラは犯罪者になった時に「あの人がそんなことするなんて信じられない」と言われるタイプだと思います。

そこにやってくるルナマリア。メイリンの「お姉ちゃん大丈夫?」に和みましたw
忙しくてルナマリアの見舞いに行かなかったらしいメイリン。ルナ姉さんご立腹。
多分ザクが被弾したときに心臓止まりかけて、無事なルナマリアみたらきっと泣いちゃうからですよ。
姉妹の会話いいなぁ。

「それより」と言ってアスランを心配するルナマリア。
あ、アスランって呼び捨てだ!!「隊長」はもう聞けないのかな。

シンも共有スペースに立ち寄りました。
最初にルナマリアに「大丈夫?」っていうのがいいなぁ。会話には入っていかない模様。
ルナマリアはシンにもアスランどうしてるかと聞きます。そしたらシンてば。
「派手にやられてたからね、フリーダムに。部屋でどーんと落ち込んでるんじゃないの?」

あ、その通りです。

アスラン、どーんと落ち込みすぎー。


「あんま強くないよね、あの人。何でアレでフェイスなんだか。昔は強かったってやつ?」

「うん、そうだよね、何でだろうね」と思ってしまう私はアスランのファン。

緑ザクに乗ってたアスランはいったいどこに。
あの時はシンもアスランのことをかなり尊敬していました…。幸せなことにキラも出てこなかったし。



・オーブの生き残り軍人、AAに合流。
そんなことしてオーブは連合に焼かれたりしないのか?

ところでユウナはどこに???

ハッ。まさかどさくさにまぎれて始末しましたか?名誉の戦死ということで。
オーブの軍人さんがずらりと並んだブリッジ。別の番組みたいです。

うわブリッジ狭ッ。

暑苦しいわ。


他にスペースは無かったのか、アークエンジェルは。

トダカの遺言通り、AAに合流しちゃった軍人さんたち。
あれだけ人数いて、誰もツッコミ入れなかったんですか?
「本当にアークエンジェルに合流するのがいいのか?」と。

オーブは今頃いったいどうなっているんだろうねええ?

オーブ軍の兵士たちにとまどうカガリ。
トダカの遺言通り、AAに来ちゃったよ~と。
多数のオーブ軍兵士を死なせた、とカガリに頭を下げるアマギ。
それを見て泣くカガリ。
「私の方こそすまない。私が愚かだったばかりに、非力だったばかりに…オーブの心ある者たちを…」

アークエンジェルなんぞに合流させちゃったしね!!

まーた泣くのか、カガリ。
目の前で泣くのは反則だよ…。
アマギ、すっごい困っているじゃないですか。
一兵士に対してこういう態度で接することができるのがこの子の良いところでしょうが、
人の上に立つとなるとちょっと不安です。

泣くなら何したらいいのか、ちゃんと考えてくださいね。カガリならできるでしょう。

泣くカガリの肩にキラが手をポンとして、「泣かないで、カガリ」と。

心の準備をしろ!と何かが叫びました。

「今僕達にわかっているのはこのままでは駄目だということだけです。
でも何をどうしたらいいのかは、わからない。」

出たよ必殺ワカラナイ。

「僕達」って一緒にするなボケ!と突っ込み入れて欲しい、ミリアリアに。(笑)
「多分ザフトを討ってもダメだし、地球軍を討っても駄目だ。
そんなのはもうさんざんやってきたのですから。
だから、憎しみが止まらない。戦いが終わらない。
僕達も戦い続けるから、本当は駄目なのかもしれない。」
「まだわからない」んだってさ。
さんざん討ちまくっておいて、そりゃあないでしょう。
試しに討ちまくってみたけど、やっぱりそれじゃダメだよね、ってか。
プラントも地球も、幸せに暮らせる世界が欲しいだけなんです、だって。
いや、それは多分そうだけれども。
幸せに暮らせる世界が欲しくない人、ヤキンでキラが撃っちゃったしね。


オーブの理念のためにこそ戦いたい、というアマギたちオーブ兵。

んで、肝心のオーブはどうするべ?

オーブ死すとも、理念は死せず!!とか言ったら迷惑千万です。板垣退助みたいに刺されてしまえッ。

オーブ兵はカガリ様=アークエンジェルと信じ込んでいるようです。
なんて純粋な人たち・・・!!

そんなわけでオーブ軍の生き残りたちと、AAが共に戦うことになってしまいました。
キラに全部の決定権のあるアークエンジェル。

いったい何様よ。

あ、キラ様か。


艦長って何ですかー?!

マリューさん、モルゲンレーテで働いてた方がよかったんじゃないですか?
この人何もしてないし。いい大人があんなガキにいいように使われてるんじゃありません!

あとミリアリア、オーブの子としてツッコミ入れてください…。私はあなたの良心を信じています。
「どこにも属さない」で武力行使するなんて、性質悪いったらありゃしません。

その御大層な理念を持って強大な武力を持った勢力が
アークエンジェルだけじゃなくなったらどうするんですか!!



・本当に散々ですね、アスランは。

アスランのセイバーを

サイコロステーキにした後は、

アスランファンという迷える子羊を

ジンギスカンにする気かもしれません。


いくら花見シーズンだからって、そりゃないしょー。

電気もつけずに部屋で落ち込みまくるアスラン。
しっかしどうやって助かったんでしょう、アスラン。
怪我していないなんてすごすぎます。
そんなにまでしてキラを祭りあげたいのか、アスランが丈夫なのか。
ああ、ハイネが生きてたらなあ。

そしてシンにはナメられる。仕方無いですけど。(きっぱり)

いえね、でもね、シンはきっとすっげえ心配したんですよ。アスランのこと。(強調)
フリーダムと戦闘してる時に自分を庇うように割って入ったアスラン。(邪魔したとか言わないもん)
シン、覚醒がとけた後は、最初にアスランの心配したに違いないんです。
「あの人は…?」
アスランを探すシン。そしてシンが見たものは…(時間軸無視)

サイコロステーキになって

海に落下したセイバー。


「アスランさん!アスランさん!!アスランさーん!!」(←というかコレは私の声じゃないか)
セイバー応答無し。

どうやってアスランがセイバーから救出されたのかはわからないので妄想してます。
んで海の中に潜ってセイバーを探すインパルス。
コックピット発見!で回収しました。
キラに言われたことと討たれたことがショックでぐるぐるしてるアスラン。
「すまない、シン」とか一言だけでフラフラと部屋に去ってゆくアスラン。
褒めてもらえなくって拗ねてるんですよ、シン。
(以上妄想終了)

甲板にでてひたすら回想しまくるアスラン。パトリック、ウズミ、議長、キラ。
キラの視界の狭さがよくわかりますねえ。
シンと鉢合わせるアスラン。シンはアスランを無視して行こうとし、それを呼び止めるアスラン。
ツンケンと「何ですか」と返す。うわーシンかわいいー。

「あ、いや」と何で呼び止めッちゃったのか、自分でもイマイチわからないアスラン(笑)。

だからシンに絡まれるんですよ!
「部屋じゃなくてこんなところで落ち込んでたんですか。呑気なもんですね。
ルナが心配してましたよ。どうしてるかって。自分もやられて怪我してるくせに」
うわ、さりげなくルナマリア思いやるシン。わかりにくい優しさです。
でもアスランは咎めるように「シン」と。

わかってやってよ!!

悪いのは頭と素行と

言動くらいだって!!


十分か…。

「そうしてエラそうな顔したって、何もできなきゃおんなじです!!」
脳裏に浮かぶは苦しむステラ。自分の無力さにイライラして、態度の悪さ3割増。
アスランはステラとシンのことはどこまで知っているのでしょうか?
シンの言葉にカッとなるアスラン。「なんだと!」って、感情剥き出しなのは珍しいです。
ありがとう、シン。(コラ)
「悪いのは全部地球軍なんだ!あんただってそれと戦うためにザフト軍に戻ってきたんでしょ!!だったらもっとしっかりしてくださいよ!!」
しっかりしてくださいよ!!かぁ。無理かもよアスランだし。よく言った、シン。

シンはひたすら「連合が悪い」ですからね。
ハッとしたアスランは、何を思っていたのか。かつての自分だろうか。


・ステラをネオに返すシン。
本当にこの子、後先考えず、愚かです。シンのこういうところが本当に好きだ。
戦闘終了して、ちょくちょくステラのところに通うシン。
シンがステラに話かけるときって、子供に話しかけるみたいに優しいです。
苦しむステラに何もできないシン。(そしてナースさん、今日も仕事お疲れ様です)

医者とタリアの残酷な会話を聞いてしまうシン。
ステラはもう時間の問題だと。延命処置も続けていいものかと。
生きたままで引き渡すだの、解剖してデータどうのだの、ステラを完全にモノ扱いです。
ショックを受けるシン。
タリアはステラを出来るかぎり行かしておこうという考えですが、それは生きたまま引渡したいからだけじゃないですよね、きっと。
ステラを思いやるシン、想いのかなわぬ相手にただただ優しいシンに過去の自分を重ねたのかしら。
「なんであんなのに思い入れるんだか」とドクターは言いますが、
タリアはそれに同調しませんでしたし。
いやあ、だから好きだなぁ、タリア様。シンは優しいって知ってそうだし。

シンはその優しさを向ける相手がすっごい限定されてますが(苦笑)。
連合とステラを切り離して考えているというか、
ステラを連合の被害者として考えてるのがシンらしいです。
ステラだってハイネとかザフト兵たくさん殺したんですけどね。
でもシンの中ではステラはただただ被害者なんです。
シンの中で連合がただただ戦争の元凶で討つべき悪なのとおんなじで。

シンは馬鹿だなぁ。それがすっごい愛しい。

ガイアの情報をこっそり引き出すシン。レイは目を覚ますが、シンはごまかしました。
ミネルバにいたら、大変なことになってしまう、とステラを逃がします。一刻を争うとはいえ、決断早いなあ。
医務室に乱入して、ナースさんに当身くらわせるシン。

コラー!!

このお馬鹿ー!!


ステラ以外は本当にどうでもいいのか?!そんなこと言ってるとキラみたいになりますよ!!
「帰ろう。俺は約束は守るさ。ステラを守る」
あぁもう本当にステラ辛そうだ(涙)。最初に「ネオ…」なのも悲しい。

ベッドごと、ステラを搬送するシン。警備兵に見咎められるが、レイに助けられました。
シンに協力するレイ。シン、レイに礼くらい言ったら?
「お前は戻ってくるんだな」と確認(シンの「当たり前だ」にちょっと驚き)して、「なら急げ。ゲートは俺が開けてやる」
「どんな命でも生きられるなら生きたいだろ」とシンに言いました。
レイはやたらと「命」を意識する発言をするのですが、これはレイも短命ということなのか…?

シンと協力してザフト兵をボコボコにするレイは格好良かったです。
強いんだ、レイって。シンは素行悪そうだからわかりますけど。
他の兵を締め出してゲートを開けるレイ。レアなオペレーター作業。
シンの「行くよ」もささやき声なのがイイですw
インパルスがちゃんと発進(合体しなくてもいいじゃないの)して、
レイはタリアのところへ連行されてゆきました。

ガイアのコードで連合に呼びかけるシン。言う通りに、一人で行くネオ。
「後を頼むぞ!」と言って発進するのがネオらしいです。
コックピット内でもステラに話しかけるシン。ステラに話しかけるシンは本当に好きだ。

シンの元にたどりついたネオ。初めてこの人見たら不審者じゃないですか?

仮面にツッコめ、シン。

本当はネオじゃなかったらどうするのさ!

ネオに向かって、叫ぶシン。
「死なせたくないから、帰すんだ!だから絶対に約束してくれ!!
決して戦争とか、モビルスーツとか、そんな死ぬようなこととは絶対遠い、
優しくてあったかい世界へ、彼女を帰してくれ!!」
ネオは「約束しよう」と言いましたが、どういう気持ちだったのだろう。
ステラは地球軍を離れては生きられない体で、
地球軍はステラを兵器としての存在価値しか認めてないんです。
ネオはかなり辛かったんじゃないかなぁ。

ネオに礼を言われても、礼なんてどうでもいい!!とひたすらつっぱるシン。
さらに、離れても自分のことを忘れてほしくない、とステラに貝殻を返すシン。
微笑むステラと歯を食いしばるシンで泣きそうですよ、もう。
インパルスに駆け込んで目をごしごしこすって、発進。
飛び去るインパルスを見つめるステラでEDへ。涙出そうだ、本当に。

ステラの容態が悪化して、目のまわりとか爪の色の悪さが妙にリアルですごいと思って見てました。
シンじゃなくても、ステラをこれ以上苦しめてほしくないと思いますよ…。
えーん、ステラー。

ステラはもともと人間兵器なので、「あったかい世界」に「帰してやれ」と言っても…。
そういう場所を「帰る場所」と思い込んでいるシンは、平和な家族の中で育った子なんだなぁと実感。


・タリア艦長は大忙し。
レイとタリアが対峙するシーンは何となくハラハラしていていいなぁ。
レイに向かって「これもあの人の指令なの?」とは…。
これまでいったいどれほど「あの人の指令」がミネルバを動かしたのでしょうか。
追い出されても外で待っているアスラン、ルナマリアにつかまりました。



その他目についたところ。
・シャワーシーン、タリア艦長でしたか。
タリア艦長はいつでも大忙しです…。ステキですけど。
レイかと思ってすっごいびっくりしました、最初。
胸が!?って。ああ、たまげたー。

・ひとり最適化、スティング。
涙を誘うシーンだわ。かわいそうです。ステラのことは忘れないで!!
ネオの「何のために戦うのか。そんなことを考え始めたら、終わりだな、俺たちは」が切ないです。
前にスティングも似たようなことを言ってました…。
もともと戦うための彼らですもの。戦いを取ったら、存在価値が無い人間。
多分シンは連合のエクステンデッド仕打ちに憤りはしたけど、そこまでは知らないんじゃないかしら。
それが余計に哀しいです。



*******


2005年5月14日、作成。

[PR]

by kanade_s | 2005-05-15 01:13 | デステニ感想

<< 遅めの種D31話感想です。 5月7日、種D29話感想 >>