ふ、踏んでしまっただ~。

今後の展開に関するネタバレを見てしまいました。
あちこちで話題になっていますが、見たくないという方は下を見ないでください。
しかし、「うっわあ見ちゃったよおおお」という気分になりました。

神様、私にネタバレの誘惑に勝つ強さをください。

「強さ」を「ください」って言ってる時点でまぁ要するにダメダメなのですがね~。











アスランの脱走って何ですか?。
アスランはいったい何処へ行こうというのでしょうか。
いやあアスランはシンから離れてほしくなかったです。
自分の属している組織が悪いから脱走という考えなのかどうかはわかりませんが、さすがにちょっと待ってくれ~と言いたくなります。
本当に何のためにザフトに戻ったんだお前!!思い出せ~!!!!

更に不安なのはアスランの脱走に関する納得の行く展開がまったくもって期待できないことです…。とほほ。

ええい、それでも私はアスランを応援する!!最後まで!!


話は飛びますが。

そういえば、私『ハリーポッターシリーズ』が嫌いです。3冊くらいしか読んでないですけど。(妹が好きなんですよ、このシリーズ)
何が嫌いかって、主人公のハリーに味方する人間を善と描いて、反対する、乃至は与しない人間を悪と描いている点なんです。
善人みんながハリーを応援する。ハリーと相容れない考えを持っている人間だっていて当然でしょうに、それらはほとんどすべて悪として描かれている。
子供であるハリーの視点から描かれているので無理もないと思いますが、ハリーの倒すものはいつだって悪で、ハリーは何も汚れず、ハリーの引き立て役はみんな悪なんだなぁと苦々しく思いながら読んでました。(一度手にした本は最後まで読んでしまう人間)

子供向けの本にこんなことを言っても仕方ないのですが、そしてこの作品はそれはそれで世界観が確立していて素晴らしいとは思うのですが、どうも私の肌には合わない作品のようです。

多分キラが嫌いなのも、ハリーポッターシリーズに感じる不快感と根っこは一緒のような気がするんですよ(笑)。ヒネくれた子になっちゃったもんだわ、私。
[PR]

by kanade_s | 2005-05-26 23:02 | 雑談・デステニ関連

<< 5月28日、種D32話感想 遅めの種D31話感想です。 >>