37話のつぶやき

ですてに37話のつぶやき。


ギルを裏ギルなんて許しませんよ!とレイのオヤジギャグから始まった37話。
「逃げるんですか!また!!」とさりげなく痛いところをつくレイ、さすが議長とクルーゼに育てられただけあります(笑)。

でもさ、いくらアスランが使えないからってこの世から解雇しようとしなくてもいいのに。

レイに応戦するアスランがまた見られたのは嬉しいです。
転がって銃を撃つ姿は何度見てもいいです。
射撃の腕は誰にも負けないんじゃないかしら。
メイリンに手を差し出すアスランもやっぱりステキです。
時々やたらに紳士的で困る、この男(笑)。


さて。

脱走したアスランがどこに行くのか、ずっと気になっていたわけですが。

「アークエンジェルを探す!」とアスラン。


えぇえぇぇええーッ?!


私の心理状態はというと

襲い来る暗闇。

「沈んじゃいない!きっとキラも…!」

私の心理状態はというと

とどろく雷鳴。
稲光に浮かび上がるは、ひざをついて嘆くアスランファンの姿。

あぁ、だから37話のタイトルは「雷鳴の闇」なのね!

メイリンは本当に一瞬の判断で人生ガラリと変わってしまいました。
アスランはまた背負うものが増えてしまったような。
メイリンが生きてて本当によかったです。
これからも心配なことに変わりはありませんが。

最後、どっかの病室で寝てたけど、
メイリンにはぜひアスランよりも早く目が醒めてアスランの寝顔を拝んでもらいたいです!

さぁ早く起きてメイリン!!
(同じ病室に男女を仕切りも無く寝かすことの是非なんて問わないもん)

アスラン見た目はそんなに怪我してなかったですよね。
できればアスランの流血とか包帯姿が見たかった…変態でごめんなさい。
SEEDで腕吊ってるアスランの姿が好きだったものですから。
シン、レイ、アスランを苦戦させて、撃墜してくれてありがとう!と言いたいです(笑)。
苦戦してるアスランの顔がよかったので。ああいうアスランも大好きだったり。
EDに入る時が寝かされてるアスランだったので、ジタバタしました。

萌えられる内に萌えておくんだ!!


葛藤するシンがすごかった。
やっぱりシン好きだ。
湧き上がる疑問を無理矢理打ち消しての覚醒、このシーン好きだな~。
シンはこういう未熟さがあるので大好きです。
未熟さ。裏返せば成長の余地があって、成長の過程を見られるという期待とつながってます。
完璧で最強な人間なんてつまんないですよ。
シンの愚かさは否定的に描かれていますが、こういう人間らしいところを持っているシンがどうしても好きだ。
シンの迷わないところろか、決めたらやりとおすところとか、自分の選択を疑わないところとかは好きですもん。
「コイツ大成するんじゃないか?」っていう期待をさせる男です。

シンのアスラン回想はナイス!と言う他ありません。
こんなところでアスラン萌え(笑)。
やってくれるぜシン・アスカ。
しかしアスランに二度も殴られてるよ、シン。
「アイツ死ぬ前に生身で一発殴らなきゃ気がすまねえ!」とか言ってたら楽しかったのに(←そういう場面じゃない)。

「降伏しろ!」の呼びかけが必死で、この子なんもわかってないだけに辛かったです。
降伏したら隣の極端な坊やとタヌキに殺されちゃいますよ!!

あと、シンの人前で涙を見せないところがすっごく好きです。
シンはMSのコックピットの中が好きに違いない、なんて思うのです。
シンの涙する場面は結構共感できます。
今週のシン、絵のせいかすごく男っぽかった。
前にもそんなことを言った気がしますが、その時と同じ人が書いたのかしら。


議長と話すタリア、心の中で「タヌキ!!」と叫びまくっていたに違いない。

静かに涙するミーアに心打たれました。
36話ですっかりミーアに惚れてしまったので、とことんミーアに弱くなってます。

ルナマリアの涙も切なかったです。
ひたすら目の前の現実に打ちのめされてました。
憧れの人と妹を一気に失った(と本人は信じている)んですから。
あんなに取り乱すルナマリアは、もうそうそう見られないでしょうね。
シンを責めなかったルナマリアはすごい。
他人のせいにしまくるシンはルナマリアが変えてくれるのかもしれません。
抱き合う場面は唐突だった気がするけどまぁいいや。


長くなりました(笑)。それでは、また。
[PR]

by kanade_s | 2005-07-02 21:50 | デステニ感想

<< 第4期OP/ED感想を。 6月26日、踊る大脱走・デステ... >>