デステニ40話メモ

40話感想のメモ。
ちゃんとした感想を書けるかわからないのでちらりと思ったことを。

39話を見逃してしまったのですが、ストーリーはなんとなく把握してます。
インターネットってスバラシイ。

あー本当に萌えそこねてしまったなぁ。

じたばたするアスランを見てジタバタゴロゴロしたかった~。
アスランとカガリの和解(?)を見て和みたかった~。


というわけで、40話を見てのつぶやきです。
(ツッコミの入れ方忘れちゃったような気がします…。
もぐらたたきハンマー(←ツッコミ用)どこ?!どこ?!)

注意!ウズミにいちゃもんつけてます(汗)。
愚痴気味です。
カガリ、ごめんよー!!
カガリは好きだけどごめんよー!!



メモなのにちょっと長くなりました…。






アカツキ趣味悪ッ


なまら趣味悪いよう。いきなりすみません(汗)。

…え、カガリ、乗るの?!

エェーッ?!

あんなの乗って戦場に出たら「ふざけてまーす♪狙ってくださーいw」って言ってるようなものでは…。

何をしている!!的になりたいのか!!

キラ…あのセリフは40話でも言って欲しかった…。

シンじゃなくても「ふざけるなー!!」と言いたくなります(笑)。
っていうか、言って頂戴、シン!!遠慮なく!!


カガリー(号泣)!!


ウズミ…なんてものを残してくれたんだ!!


このダメ親父ー!!


カガリを政治家にする気が本当にあったのか疑わしいです。

大体さー私がウズミの部下で、カガリを本気で政治家にしようとしているのを知ったら、
カガリのことが心配で心配で心配で(以下無限に続く)自爆なんてできないです。
一人で泣いてないかとか、一人で無理してないかとか、本当に頼りになる優秀なブレーンは見つかるのかとか、心配で心配で心配してしまいますよ。
臆病者と言われようと、裏切り者と言われようと、カガリを守りたい、彼女の力になりたいと思ってくれるウズミの部下はいなかったのかなぁ。
(そう考えると自爆するオーブを後にしたキサカの心情はどんなものだったのだろう。)

カガリに政治面での腹心ひとり残さず自爆(キサカは軍人、セイランを後見人にしようとしていたのなら…もう今となっては・涙)したというなら、
そしてあんな悪趣味MSを残していったのなら、ウズミはカリスマはあったけど、後継者を育てる才能に決定的に欠けていたとしか思えません。

オーブの世襲制なんてやめてしまった方がいいです。まったくもう。

もちろんオーブ国民のためにも。
無責任にもほどがありますよウズミは。
キサカだって最初はカガリの傍にいなかったし。
孤立無援状態で本当にあの子は一人でした。
カガリの軽率な行動や言動を、本気で彼女のことを想って諌める人間がいたら、カガリももう少し辛い思いしないで済んだんじゃないかなぁ。

まぁ過ぎたことは愚痴っても仕方ありません。

でもカガリが出る必要はあったのかなぁ。
オーブ軍を指揮するカガリは強い子でかっこよくてよかったけれど。
モビルスーツがウズミの遺産だったからって、何もカガリが乗ることないのでは…。

危ないよ!!

大体あんなところでカガリ、死んだらどうするの?!
よーやく自分を支持してくれている人がいることがわかって、元気になったからって、
カガリの仕事はまだまだまだまだこれからですよ。
オーブが侵攻されて見てられない気持ちもわかるけど、私もカガリが戦場に兵器駆って出たら、ハラハラして見てられないです。

我慢しなさい!!と言いたい。泣くなら泣かせとく!!
戦場に出る以外に自分のできることが思い浮かばないような政治家、知りません!!って言って泣かせておきます。

…ってつい熱くなってしまいました。いかんいかん。


ユウナをイキナリ逮捕したカガリには笑いました。オイオイ!!
アーサーばりに「えぇー?!」って(笑)。

今週のユウナは最高で、そして憐れでした。
ユウナって笑えるけど、その笑いの裏にどことなく哀れさが潜んでいて、そこらは人間らしかったな~。
小物で、どうしようも無い男に描かれていたけど、見守りたくなるというか(笑)。
カガリ、酌量してやって…。
君がいない間のオーブをとりあえずなんとかしてたことはしてたんだから。

国民を避難させないのはいくらなんでもありえませんが。
ひどすぎます。(何が、とは言わない)

ついでにオーブ軍人さん。何も言わず冷たい視線だけ向けるオーブ軍人さん。
ユウナに人望が無いのはなんとなくわかります。(苦笑)
気持ちはわかりますが、君らが守るべきオーブ国民のことを本気で考えているのかい?
一人くらいユウナを止めようとする人間がいてもよかったのにな~。
小学生のイジメじゃあるまいし。上司と部下は大人と大人でしょ。


まぁユウナはそういう役回りだった、ということで。

意外に愛されていた男、政治生命、散る!


そういえばジブリール、今度はどこへ行ったのだ?!
猫は?!猫はー?!(そっちかよ!!)


シンの夢で40話は始まったわけですが、これまでの戦闘を夢に見てうなされるシンが苦しそうで、こっちまで苦しくなりました。
ステラを止めようとしたこととか、アスランを撃墜したこととか、やっぱりシンは割り切れないで苦しんでるのね~というのはわかりました。
アスランやステラがシンのトラウマになるなんてなんて残酷なんだー!!
うわーん!シンに救いを!!


割り切れないで悩むのがアスランなら、
悩もうとせず(無理矢理悩みを押さえつけようとしてるというか)、必死で割り切ろうとして突っ走るのがシンかな。
どっちも人間らしくて大好きだー。

レイはアスランやメイリンのことを「あれは敵」と言って割り切らそうとするけど、
もしハイネだったら、ここで「割り切れよ」とは言わないだろうな。
なんで死んだのハイネ(涙)。

すいません、でもこれだけは言わせてください。
…アスランの先輩顔(笑)思い出すシンにうかつにも萌えてしまったじゃないかああ!!

あんな優しい顔してるアスランを思い出すとは!!
よっぽど褒められたのが嬉しかったんだな(笑)。
シンかわいい。
シンといるアスラン、アスランといるシンが大好きでした。
再開してくれ~!!
そしてアスランを一発くらい殴ってやって、シン!!
シンは、第4期OPを見る限り、これから一番希望が持てそうな人物だと思うのですが、どーなるかねこの子はー。

オーブ侵攻に志願したシン。

すっごいなコイツ。泣けるくらい愚かで好きだ。シン好きだ。

黙って待機しているより、戦闘してた方が気は楽かもしれないけどさ。
ここで立ち止まらなかったということは、今だ恩讐の真っ只中なんだね、シンは。

そういや民間人が避難してないことを知っているのかな。
まだ領海に入っただけだけど、民間人がいることを知っているのかしら。
承知してたら出撃してたんだろうか。うーん。

個人的に、ジブリールにとどめを刺すならシンにやらせて欲しいです。
ステラの本当の意味での仇はコイツでもあるので。
シンがそのことを知ってても知らなくても、ジブリールはシンに討たせてやってほしいです。

最後にアスラン。

まだ包帯だった!!万歳!!(え

何もできないのに

ベッドの上でうめくアスラン萌え!!


ネオも呆れてます(笑)。
っていうかネオ元気ですよね。
うめくアスランが見たいか、そうならそうだと言ってごらn(強制終了)

ネオを勝手に私みたいな変態にしてすみません。

いやーでも…イイわぁ。(止まれ)
必死でうめくアスラン…。メイリンもすっごい心配そうです。

うわああジタバタしたいくらいイイ!!

私もジタバタしましたよ!!まったくもう!
そんなんしてたら治るもんも治らないでしょ!!
と言っても、何かしなきゃ!!しなきゃ!!と焦りまくるアスラン萌えー!!
ダメダメです。

じっとしていられないんだろうな、この非常事態に。
以前のアスランなら、怪我を治すことが最善と考えてひたすら耐えてじっと天井でも睨んでたんだろうけど、その我慢すらできないようです。
そんな無理にジタバタしたって治らないよ馬鹿だな好きだな萌えだなデステニ最愛の子だなー。

結局アスラン愛でした(笑)。
メモとは思えないくらい長い!
[PR]

by kanade_s | 2005-07-23 23:16 | デステニ感想

<< デステニ41話感想前編 38話のメモ書き >>