デステニ41話感想というか叫び、後編。

※ご注意※

キラがお好きな方はお読みにならないでください。
アークエンジェルがお好きな方もお読みにならないでください。


時間が無いため箇条書き形式でいきます。
時々反転で愚痴ってます




***********


どうしろっちゅーの。


感想を書こうとパソコンに向かい、途方にくれております。
シンは監督と脚本を倒して「この物語は俺が守る」って言ってもいいと思う。

えぇい、では恒例の(え)アレからッ!!


胸元押さえてあえぐ

包帯アスラン萌えェ!!


39話見逃したんですけど、不必要にあえぐアスランにトキメキました。
あんなにしてたらきっとTシャツの首元がのびのびになっちゃうってば(笑)。
気がついたらクルーネックがびろんびろんに(爆)。
雑用係に「伸びるしょや!」って怒られるアスランを妄想します。
しゅーんとなるアスランに萌えです。
きっとあんまり細かいところ気にしないカガリ(←姫様だからw)が慰めてくれるさぁ。
気にするなヨシヨシ、って。(止まらないどうしよう)

アスランのところからじゃ通信入れられないようにしてたんだろうか。
絶対ナースコールが必要な状況だと思うんですけどね、あのアスラン。
それに、あれだけ暴れたらベッドから落下してもおかしくないもの(笑)。

えぇ、落下するんだったらぜひその様子を放映してください。

包帯の夢は広がるなぁ。
妄想が止まらないなぁ。

あんな風に必死で何かを伝えようとしているアスラン見たら、ベッドの上から見下ろして低い声で、「何、聞こえない」って冷たく言い放ってほしい、タリア女王様あたりに(無理)。
変態すぎてすみませんすみませんすみません。

1話見逃しただけでこんなに楽しい総集編。(ムリヤリ)


以下感想箇条書き。

・ストライク久しぶりだったんですね。相変わらず凶悪な戦い方だなぁ。
量産期で泥臭い戦い方するキラなら一度見てみたいかもしれない。

・なんでそんなにシンの回想ばっかりするんだろう。しかも破壊しまくってるところばっかり。
「君は僕に似ている」って似ているっていうかキラとシンの共通点は↓

アスラン撃墜

くらいかな~。ぱっと浮かぶのは。

・シンのフリーダム撃墜、世界平和への小さな小さな第一歩として称えてもいいけど、パイロットが不死身なのはシンの力ではどうにもなりません。シンがんばるんだ。

・「こんな愚かな争いを 一日でも早く終わらせるためにプラントは、議長は戦っているんだって、僕やマリューさんのしていることはただいたずらに戦場を混乱させているだけだって。でも、それは本当にそうなんだろうか?」

そ う で す。

仮に議長のしていることが悪いことだとしても、アークエンジェルの行いが正当化されるわけではありません。そんな世の中、許せないじゃない?

・「でも、ラクスが襲われたあの時に・・僕は感じた。何か、とてつもなく大きな意志と力がこの戦いの陰で蠢いているのを。」

感じただけですか、そうですか。

出たよ恐怖の大魔王降臨呪文

ボクハカンジタ


感じだだけであんなアホ行動取れるキラに完敗だ!アハハハハハ!!
ボクハカンジタら何か降りてきちゃったんだね!!
どうしてついてきちゃったんだAAクルー!
「大きな意志と力」、少なくとも何も考えてないキラよりはマシだってば。

・「なぜザフトはアークエンジェルを攻撃するの?
そして何故、今、またエターナルを沈めようとしているの?
アスラン、君は僕の問いに答えられるの?」

何故アスランに聞く。

それは自分で考えようね、ヤマト君。宿題にしとくから。
…でも先生本当は宿題じゃなくて手か足を出したいよ。

(只今アルバイト先が夏期講習中なもので。でも↑なキャラじゃありません・笑)

・「だって、戦いのない世界を作るためだからと言って、こんなにも多くの血を流さなきゃならないなんて、どうしても僕には正しいと思えないから。」

私も君が正しいとは思えないから。

あ、なんだお互い様か。

・シンの戦う姿、バーサーカーぶりが大好きです。家族が死んだのは自分の力が無いせいと思って、力を望んで手に入れてそれを戦争を終わらせるために使ってる、って言えば間違ってる正しい関係無しにいいキャラだよなぁって思います。フリーダムに家族を殺されたという設定を使ってほしかった~。
(余談。それならシンのオーブへの恨みは何なんだろう?まぁ気持ちはわかるけど。憎しみ(向ける方向は問いません)から出発するという設定はすごく好き。
たとえば司馬遼太郎のエッセイなんか読むと第2時世界大戦時の日本政府への恨み節(?)を結構つづってるような気がします。アメリカより日本を責めてます。ただそれが日本の歴史小説を書く原動力になってたらしい。日本を愛していたからこそ、あの戦争は許せなかった、バブルの土地投機に踊る「品性のかけらも無い」日本も許せなかった、個人的なシバリョー像はそんな感じです。司馬遼太郎は別に好きでも嫌いでも無いんですけどね。)


・何気に出たニコルに驚いてみたりしました。ディアッカもちらちら。隊長の最期も出ましたねえ。SEEDの映像出しすぎですよ。

・ウズミの言葉ねぇ。イマイチ説得力無いんですよね、デステニでやらかしちゃったから(苦笑)。カガリを一人にすることに誰も反対しなかったとしたら、ウズミに本当の意味での忠臣はいなかったと考えていいんでしょうか。
ウズミのしたことってね、「ブラックジャック」読んだだけで学校も出ていない医者志望の女の子にイキナリ患者目の前にしてメス渡して「この患者のオペやりなさい。」って言ってるようなものだと思うんです。患者を殺す気か!女の子の未来を潰す気か!!将来彼女に救われたかもしれない命を消す気か!!って私なら言いたいです。
最期で無責任なことしちゃったね、あの親父さんは。ウズミを見るたびにカガリが可哀想です。

・「君と僕にできることは確かに戦うことだけなのかもしれない。」

アスランとお前を一緒にするな。

どうしても電波をするというのなら、アスランだけでも降ろさせろおおお!!

・「でも、ラクスやカガリたちは一生懸命未来を切り開こうとしている。その努力を打ち砕こうとするなんて許せないじゃない。だから僕はまだ戦っているんだ。」

引 っ 込 め。

ラクスやカガリだけが未来を切り開こうとしてると思い込んでるその狭い視野で世界をどうこうしようとするなんて許せないじゃない。

キラの戦い、もはやイリュージョン。
39話の「天功なキラ」相当すごかったようですね。
「ぼくはこれでまたちゃんと戦える」のキラ様、どっかの宗教画の如き半目がコワイコワイコワイコワイコワイよう。

これからデステニ42話見ます。
感想は日か遅ければ火曜日にでも。


***********


41話感想、完、8月6日作成。
[PR]

by kanade_s | 2005-08-06 19:01 | デステニ感想

<< 8月14日、デステニ43話感想。 デステニ41話感想前編 >>