一週遅れなデステニ49話感想。

最終回見る前に感想書けばよかったと本気で思いました。






※包帯アスラン萌えの夢はジャスティスのミーティアに焼かれました※

・上昇し続けることはできなくてもまたやりなおせるさー♪

アスランが大好きです。
49話の感想の前にちょっと愚痴ってみます。

部下に理不尽な暴力をふるい、軍の機体を奪って脱走。
戻ってきたと思ったら密造された兵器で大量破壊。
(↑恣意的に書いてますよ)

何を思ってようが、為したことは最ッ低です。
私はアスラン好きですけど、今までそれほど彼の言動や行動のフォローはしてきませんでした。
別にフォローせずとも、ツッコミどころにはツッコみたいという本能のままに暴走したかったのもあります(笑)。
ツッコミどころ満載のアスランが大好きだというのもあります(苦笑)。
アスランが大抵のことをやらかしても嫌いになることはないだろうなと思ってのことでした。

だから今回は言う。
わーアスラン、堕ちるところまで堕ちたなあ、という感じです。


後は這い上がるだけ。
生きて生きて生きて、過ちを償ってください。
真面目で一生懸命なのはわかってます。
どんなに格好悪くてもアスランが好きなので、どん底から這い上がって来る姿が見たい。

重症ですが、アスラン好きです。

後はだいたいいつもの感じです。
49話「レイ」感想、どうぞ。



*******



・ねじってねじってねじってねじる。

ラクスが自分で自分の物語における存在意義を否定していました。
これには少し驚き。
どういうわけか、この物語世界には正気のままで「ラクスを否定」する人物が存在しません。

「その不要な大量破壊兵器の排除を開始します。」
と、ザフト軍に呼びかけるラクス。
デステニでのラクス達は物語を破壊する(それも大量に!)、不要な存在として描かれていました。
「道を開けなさい」というのは、物語を壊すまでにしゃしゃり出すぎたラクス達への言葉でしょうか。
「このようなものをもう、どこへ向けてであれ、人は撃ってはならないのです」
と一方的に「通告」するラクス、一見ギャグのように見えますが、
おそらくこれも「人は撃ってはならない」と言うことで、自らの過ちを明確な形で示しているのです。

本当に害虫でしたね、キラとラクス。
彼らが物語を食い荒らし、傾いでいくのを目の当たりにしながら、希望を持ち続けた視聴者。
「萌え」にだけ目を向けることで崩れた物語から目を背けようとした私は愚かでした。
最後には、無惨に崩壊した物語の残骸の前で呆然と立ち尽くすしかなかったのです。


ラクスは否定されなければならなかった。
絶対正義で無謬の人とされてしまったラクスを否定できるのはラクス自身しかいなかったのでしょう。
自分で自分の存在を否定しても絶望せず、世界を変えようとするレイとの対比が鮮やかです。



・ミネルバと癒し系。

議長のもとへ行くために発進するシンとレイ。
それを見守るタリア、ルナマリア、アーサー。
アーサーは外じゃなくってタリア艦長を見ていないかい?
「…腕組みしてる姿も素敵です艦長!!」とか思ってるのかな。
こないだはいったい何が珍しいのかというくらい窓に張り付いて外を眺めていたというのに(笑)。

ミネルバにはレクイエム守備隊の応援に行くように、との命令が。
AAと戦闘することになってしまい、またも険しい顔のタリア艦長。
かつて自分が沈めるのをためらった艦。
AAの「戦闘を止めたい」との意図を汲んでいたタリア艦長。
命令を聞いたアーサーはリアクション王としての役割を立派に果たしていました。
「ア、アークエンジェル…?!」
なんかもうここで外さないアーサー大好きだ。
視線はもちろんタリア艦長に釘付け(笑)。

AAとの戦闘開始の時も、タリア艦長が素敵でした。
「だから今は戦うしかないわ、終わらせるために。」
との悲壮な決意。軍人としての選択は、辛く厳しいものでした。
「照準アークエンジェル!ザフトの誇りにかけて今日こそあの船を伐つ!!」
の場面は、タリア様ーーー!!!!と叫びたくなりました。
素敵です、本当に。タリア様は一番描写に恵まれた女性でした。



・喧嘩上等!

アルザッヘルを攻撃したレクイエムを「いつどこが撃たれるかわからない」と
「そんなことあってたまるかバカヤロー」と思わず言いたくなるイチャモンをつけて
中継ステーションを落とすべくアークエンジェルとエターナルは作戦開始。
いやいや、議長が滅茶苦茶やってそれで洗脳戦隊クライン教団をまともに見せようとしたって…すみません、無理。
素直に楽しめればいいんだけどなあ。やはりダメかな、私は。
ステーション1で決戦だそうです。
議長はいったいいくつ中継ステーション作ってたんだよおおお!!!!!
エターナルから単機発進するアスラン。
その表情、彼は迷いと一緒にいったい何を捨てちまったんだ、と言いたくなりました。
ジャスティスにミーティアを装備。
ミーティアは不恰好で嫌いです。

イキナリTMRが流れて戦闘へ。
私の体の中にいったいどんな回路が出来てしまったのか、あのイントロが聞こえてくると萎えの気に襲われます。
わかってます、音楽に罪は無いのです。
反射が憎い。悪いのは私です。

レクイエムを守るザフトは洗脳戦隊クライン教団を「ロゴスの残党」扱いで迎え撃ちます。
…でもレクイエムはイカンでしょう、レクイエムは。
あんな風にバンバン使うなんてありえません。

…議長、目を覚ましてえええ!!!

夢枕に鬼畜ピンクが立って「レクイエムを乱用しなさい、わたくし達のために!」とか吹き込まれたんじゃなかろうか。

戦闘が開始したんですけど、ミーティア使用だと見ていて面白くないです。
クライン教団はザフト軍に挑んでいるわけですから多勢に無勢っていうのはあるだろうけど、反則くさくてキライ。
MS戦もほとんど動かずにミサイルの撃ちあいだけだし。
なんかなー、燃えませんでした。
ジャスティスで奮闘するアスラン。
ソードで戦艦をぶった斬るなど、さすが元フェイス!
(いやこれを見て「堕ちることまで堕ちたねえ」と思ってしまったのですが・苦笑)。



・あなた疑う心恥じて/信じましょう心から♪

メサイアに到着したシンとレイは議長のもとへ。
「よく来てくれたね」との議長の言葉にも浮かない顔のシン。
しかしそんなシンを議長は否定したりしません。
シンの戸惑いを指摘する議長。
シンの戸惑いは議長の言う「色々あったから」という理由で片付くもんじゃないと思うのですが、
シンもおぼろげながらそれを感じているようです。
しかし議長はいつもと同じように優しく語りかけます。
「戦うばかりの世界を君達の手で終わらせてくれ」とのこと。

ずっと同じこと言ってるのね、議長って。
「戦いの無い世界」はシンが望むものであっても「デスティニープラン」には賛同しかねるシンに有効な言い方です。
だから「戦うばかりの世界を止めてくれ」と言われてシンは首を横に振ることはなかなか出来ないだろうなあ。

ミネルバが洗脳戦隊クライン教団と交戦中であることをシンは議長から知りました。
このシンの「…えぇっ?!」にアーサーが伝染ったのかよ~と蚊帳の外っぷりに泣きたくなりました。
困ったものだ、我々はもう戦いたくない、と議長。

いやいや、奴等も議長もやる気満々なのが怖いのですけど。
デンジャラスな戦闘ジャンキーなのか、みんな?!


議長の芝居をレイが畳み掛けるようにフォロー。
「仕方ありません。彼らは言葉を聞かないのですから。
彼らの前に我々が屈するようなことがあれば、
世界は再び混沌の闇の中に逆戻りです。」

ラクスは言葉を発するだけですしね。
人々の声がラクスに届くことはないでしょう。
このままクライン教団が世界征服してしまったら、世界は前人未到のピンクカオスでしょうし。
鬼畜ピンクが君臨する世界…ガクガクブルブル。
…現状維持が一番無難なのかなあ…。

見事なコンビネーションで喋りまくる議長とレイに口をはさめないシン。
デスティニープラン実行を強く主張するレイ。
「人々が平和と幸福を求め続けるその裏で、新たなロゴスを生む」
「誰が悪いわけでもない、それが今の人ですから。」
「絶対に世界をそんなものにしたくありません。」
など、今の世界、今の人間を否定した上での「平和」を求めるレイ。
シンは、レイの告白を思い出します。

キラを作るための資金として作られたレイ。
もう少しで死ぬこと、クルーゼを「もう一人の自分」であることまでシンに話してしまいます。
そこまでしてシンを引き止めたかったレイ。
短命だという友人の願いを蹴ることなどできないシン。
デスティニープランどうこうじゃないよね、もう。
シンはレイの命が長くないことに一番衝撃を受けているはずですから。
「変える。俺達のような子供が二度と生まれないために。」
と、今まで以上に決意をあらわにするレイ。

自分の存在を否定して世界を変えようとするレイが悲しすぎる。
シンは「レイが誰のクローンであろうとレイはレイだ」と言ったに違いないです。
シンには難しいことはわからないです。レイのアイデンティティがどうとかさ。
ただ自分の友人の、短命を運命付けられたレイが、少しでも安心できるようなことを考えていたに違いありません。

だから議長にシンは
「はい、俺も同じ想いです。」
と答えたのではないかと。
ほっとした表情のレイ、よかったね。

あと、パトリックに撃たれるアスランがシンにかぶった萌えーーーー!!
虚空を見上げるシンの表情に思わずハァハァ。


…萌えをなんとか発掘してます。
本編のせいで私の萌え泉が枯渇しそうです。



・今にも爆発しそうなイザークと延焼防止装置(?)ディアッカ。

ボルテールで戦況を見守るイザークとディアッカ。
戦場のエターナルやジャスティスを見て、驚く二人。
イザークは例の調子で「あいつ等~!」と悔しそうです。
えーと、二人はアスランを幽霊扱いはしませんでした(笑)。
どうしてアスランが生きているって知ったんだろう?
ジブリールを口実に攻め込んだオーブ戦でアスランが出てきたことを知っているから?
ところがディアッカ「でも連絡無いのはアタリマエだぜ?俺達はザフト軍なんだからな、やっぱり。」
とのこと。アスランはシンに撃墜されて行方不明ってことになってたんじゃないのかー。
ひえーすごい情報網だ。

予想外の出来事にぽかんとたものの、そこはジュール隊長、やることはやりまっせ!
「わかっている!!ともかく発進だ!!!とっとと船を出せー!!」

隊長ーーーーーーーーーー!!!!!!!

このノリにとってもワクワクしてしまう自分がおりますです。
イザークが動くたびにすっごい髪の毛が揺れるのが気になりました。
どれだけ激しく首をふりながら喋っているのイザーク?
筋を傷めないかと心配しちゃいそうです。
ちらちらと映る、不機嫌ボルテージを溜めまくりのイザークと、それを見守るディアッカが楽しいw



・ジュール隊の癒し担当は隊長とディアッカでは。突然始まる漫才劇場。

クライン教徒の女がザフトのMSを撃破。
それに驚くイザーク。
「何なんだあのモビルスーツは?!」ともっともなご意見。

どこの馬の骨とも知れぬモビルスーツ(何それ)にザフトが蹂躙されているのです。
祖国を愛するジュール隊長が放っておくことなどできません。
そこへタイミング良くパッ!と通信入れるあたり、さすがディアッカ?!
それよりどーすんだよーと言われたイザークの「あん?」の言い方がかわいくて床にゴロゴロ。
絶妙な間抜けさにうおおおお!!とゴロゴロ。
ディアッカのわざとらしい「隊長」呼び萌え!


「一応出てって瞬殺されてくる?」
「馬鹿者!そんな根性なら最初から出るな!!」
のやりとりがもう楽しくて楽しくて。

オカッパのなびき具合に目が釘付けなんですけど!!!!!

いやあ、いつもの隊長だわ。
んでつぎの言葉が
「俺が出る!!」

って隊長ーーーーー!!!!!

早ーーーーーーーッ!!!!


「ハァ?」のディアッカ…がんばれ。

後ろ飛びかわいいかわいいかわいすぎます隊長ーーーー!!!!!

微妙な脚の開き方がいやらしいです隊長ーーーー!!!!


扉の上のとこ掴んで方向転換の動きにきゅんきゅんしました。

何なのイザークーーー!!!!!

「ボルテールは後ろから支援だけしていろ!前に出るなよ!!死ぬぞ!!!」
も、イザークらしくってよかったなーと。
ニコルのこともあるし、最後までクルーゼ隊を貫いたのもあって、部下を死なせたく無い気持ちは人一倍なんだろうな。

出てきたイザーク、期待させるセリフを吐いてくれましたw
「今俺が殴りたいのはアイツだけだ!よくもまたおめおめとこんなところにーーーー!!!!」


なーぐーれ!

なーぐーれ!!

なーぐーれー!!!


わー喝采してえ(笑)。


戦場で再会するアスラン、イザーク、ディアッカ。
突進してくるイザークの機体。
「キサマー!こんなところで何をやってくるー!!」
と叫ぶイザーク。
ハッとするアスラン。
口半端に開けてるアスランの顔かわいい…w
「イザーク…?ってうわー!!」
と弾き飛ばされるジャスティス。
びっくり顔萌えーーー!!!!
よくやったイザークーー!!!!
「おいおいイザーク!」とあわてるディアッカ。
戦友との再会。
「イザーク…ディアッカ…」と目の前に現れたザフトの機体のパイロットの名前をつぶやくアスラン。
表情は、苦い。
「アスラン。脱走して撃墜されたんじゃなかったのかよ…」
とつぶやくディアッカ。
アスランは目をふせて一言「すまなかった。」
ため息をつくディアッカ、少し間を置いてイザークは
「で、こんなところで何をやっているんだ!」
とトーンダウンしつつも聞きます。
顔を引き締めるアスラン、「俺はこれを許すわけにはいかないんだ。」
と一人レクイエムへ向かおうとしました。
立ちふさがるイザーク。
「…イザーク…」苦しそうにつぶやくアスラン。
無言でにらみ合う両者。
やれやれといった調子のディアッカ、「それよりさっさとやることやっちまおうぜ。」
と二人に通信を入れ、レクイエムへ向かって行きました。
「ディアッカー!!キサマー!!!」
と後を追うイザーク。置いてけぼりなアスラン。
「えぇっ?!」
とぽかんとするアスラン。
えぇい、口半開きのアスランが萌えだろうがあああ!!!!
しかしそこは戦友、阿吽の呼吸です。
イザーク、ディアッカ、アスランの3人は協力して中継ステーションを破壊。

す み ま せ ん。

指が勝手にキーボードをたたいてこんなことになりました。
イザークは民間人の船を誤射してしまったこともあるし、
ジャネシスを目の前で見ていることもあるから、
無差別攻撃は許せないんじゃないかなあ。
ましてや愛するザフトが使ってしまったのなら尚更。
おそらく、レクイエム破壊に協力したのは「プラントのため」を思ってのことだったと都合よく脳内補完しておきます。



・さようなら、私の好きだったメイリン。

ひとりで戦場に飛び出したルナマリア。
(ひとりでデスティニーを眺めているシンが次に映って印象的でした。
二人とも、ひとり。)
「これでいいのよね、これでいいのよね、シン…」
あぁ、ルナマリアが自分の決意を揺るがせています(涙)。
シンと居る時はお姉ちゃん体質全開でも、やはり不安は不安なんだなあ。

エターナルに向かうインパルス。
そこへメイリンの通信。
メイリンの電波発言。ルナ姉さんショック!
動揺したところをドムにやられてしまいました。
なんつー卑怯な手を使うんだラクス…。
ルナマリア生きててよかったー。
メイリンは、多分ラクスか誰かあたりに
「インパルスは君の姉が乗っている。見つけたらこうしなさい。」
と言われて丸めこまれたんでしょうね。
メイリンは洗脳が必要なほど、頭の良い子には見えませんから。
後先も考えられず、言われるがままになってしまったのでしょう。

AAに行ってからのメイリンはもう駄目です、私。
今ハッキリ自覚しました。

しかしルナマリアが可哀想です。厄年?
次に出た時は、元気にデュートリオンビームでチャージして休まず戦おうとしてました。
ルナマリアすごいなあ。



・最後の戦いへ出撃。

マユの携帯を見つめるシン。
この子また一人になるのかな。

結局、家族の死を乗り越えられなかったシン。
ステラの死を乗り越えられないまま、手を汚しつづけてしまった。
血みどろの地べたを這いずり回っているイメージ。
そんなシンがどうしようもなく好きです。
ザフト軍人である以上「殺さない」という選択肢をあきらめてしまっているように思えました。
「殺さない」をあきらめたからには、考えても仕方無い。
シンは悩むこと、考えて立ち止まることが何も生まないと思っているんでしょうね。
「何も出来ない」ことを何より恐れるシン。
だから「悩んで何も出来なかったアスラン」をあれだけ嘲笑したのだと思います。
長い目で見たらそうでもないんだよ、と言ってあげたいな。
アスランが言ってやれればそれが一番なんだけどな。

ミネルバの状況を聞くシン。
「心配しないでいい。ルナマリアは無事だ。」
レイの口からルナマリアの名が出たのが意外そうなシン。
最近ルナマリナに冷たかったですもんね、レイ。
それが「心配するな。彼女は強い。」です。
これは…ルナマリアのことは気にせずに戦えってことか…?
ちょっと裏がありそうで怖いですわ。
またしてもオーブと戦うことへの、シンの戸惑いを振り切らせようともしていました。
「お前が救ってやれ、あの国を。」
との言葉で。
アークエンジェルを倒せば、確かに少しはテロ支援国家の汚名は雪がれるかもしれないけど。
あと、アスハの呪縛からも救ってやってほしいな、個人的には。
国民も、カガリも。

ネオジェネシス発射する議長。
そんなもんまで作っていたのかー。
いやいやAA一味を正義にしようと言っても、無理ですよ今更。
一生懸命な議長には申し訳ありませんけど。
議長を落としても洗脳戦隊ラクス教団が正義になるわけないじゃないですか。
ああ素直に騙されてえ。


メサイアからデスティニーとレジェントが発進。
シンVSアスランへ。



*******


2005年10月4日、作成。
[PR]

by kanade_s | 2005-10-04 12:35 | デステニ感想

<< 嘲笑ってください デステニ50話メモ >>