ちょっと読んだよ今月号のジエッジ。

出かけたついでに本屋に寄り、ジエッジをちょっと読んできました。
以下ちょっぴり感想です。

ちょっと何この萌え!

それからカラーページの憎しみ燃えたぎるシンがとてもいいです。
これはデステニに出てくるキャラの中ではシンにしか出来ない表情でしょうね。 
打倒フリーダムに燃えるシンの表情、フリーダムを倒した後に感じた空虚さを必死でごまかそうごまかそうとしているシンの姿はあまりに悲しかった。シン好きだー!!
ちまき先生、今月もジエッジをありがとうございました。




キラVSシンでした。
シンがアスランの言うことをどんどん聞かなくなっていった時期です。
…アスランをいぢめる味をおぼえたか、シン(待て

アニメではアスランがどん底に居た頃ですね(笑)。
AA討伐命令が国から出てミネルバもその作戦に参加するという。
出撃前にタリアと言い争うアスラン、険しいタリア様がステキでした。
必死なアスラン…イイw

というのも。
ジエッジアスランはタリア艦長とちゃんと意思疎通が出来ています。
(キラ・カガリと話しあった時の報告もちゃんとしてましたし。)
「AAの行動が客観的に見たらどうか」、「自分の立場」などを理解せずにキラキラ喚くだけの男になって視聴者が萎える、ということはありません(笑)。AAの目的がザフトに仇なすことではない、と伝え、自分の置かれている状況を理解した上で「AA討伐は理不尽である」と主張しておりました。AAと敵対したくないと思うことは当然だと思うんです。でもそこで現実の束縛があってこそのアスランです。ついでに縛られるアスランは萌えです(待て)。理想と現実の間で格好悪くても悩んで葛藤するのが私の好きになったアスランというキャラクターでした(アッ過去形!

そんなアスランに「フェイスだからって軍を動かせるわけじゃない」と厳しい一言を突きつけるタリア様。アスランに追いうちをありがとうございますタリア様ー!ショックを受けるアスランがたまりません。

あとね、出撃前のフリーダムへの憎悪に燃えたシンの顔を見て「なんて顔をしているんだ」のアスランに言いようのないときめきを感じました。アスランの気持ちがまったくシンに届かないもどかしい場面なんですけどねえ。これはジエッジ3巻ですれ違い萌えを覚えてしまったためであります。自分のことでいっぱいいっぱいだったアスラン。ふと気がつけばシンは自分の声が聞こえないほどのところまで来てしまっていた。こりゃアスラン、「しまった!」ってものすごく後悔しただろうなあ。

だからシンとキラの戦いを見て「キラ、シンを止めてくれ!!」って心の中で叫んだのではないかしら。キラがどうなるか、よりも力づくでもシンを止めなくちゃ、という気持ちでいっぱいだったのではないかと思うんです。ステラのことでシンが「何も出来ない」壁にぶち当たった後はアスランの番ですか。どんだけ「君は僕に似ている」のでしょうか。まったく萌えるわ!カガリの横に立っていた頃と同じくシンとキラが戦うところを見ていることしか出来なかったなんてさあ、苦しかっただろうねえアスラン。

キラを倒すシンを見て、シンを自分に重ね合わせてトラウマ追体験シーンのアスランには非常にどきどきしました。アスランは「キラを殺した」という傷をえぐることになってしまった。傷をえぐったのが他ならぬシンであるということが…萌えであります。

シンを殴るシーンもちゃんとありました!「殺されればよかったっていうんですか!」って言われて泣きそうな顔で胸倉つかんだまま「そんなわけないだろう!!」って叫ぶアスラン…

…最高。

すれ違い愛の山場です!!ひゃっほう!
追いつめられて爆発するアスランなんて滅多に見られません!!
相当シンに思い入れていることがわかります。

アスランが真摯に「キラ達は平和を願っていた」って信じ込んでいるんですが、ジエッジではAAの描写がほとんどありませんので、それほどおかしくないんですよね(苦笑)。「AAは沈んでいない」とかいう匿名のメールがどん底に沈んでどーん!なアスランのところに届いてたけど、あれは後の展開に大事になるのかな。
[PR]

by kanade_s | 2006-01-28 01:13 | THE EDGE 感想

<< アスラン→キラ描写への拒否反応軽減策 THE EDGE3巻「僕が君を... >>