THE EDGE5巻の感想(1)

ずいぶんとお久しぶりです。すみません。
ちゃんと感想書いて更新停止します。以下ネタバレ。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE (5)
久織 ちまき / 角川書店








4巻まであった巻末書き下ろしは無かったけど盛りだくさんでしたジエッジ5巻。
感想は多分一回では終わらないので分けて書きます。

ジエッジ読んでて安心する点は女性キャラの描写だったり。
特に5巻のアスランとカガリ、アスランとミーアのとこ、すごく好きだなあ。

まずはカガリとアスランとの関係から。
中表紙がアスカガなんですよ!1巻の中表紙のアスカガはせつなかったけど、5巻の中表紙は二人とも表情が明るいのです。特にカガリ。ジエッジではカガリがちゃんと成長していたので本編の描写にガックリ来たカガリ好きの身としてはうれし泣きです。ちまき女史ありがとう。

アスランにとってカガリはほんと特別な存在なんだなってのが伝わってきます。出立前に抱き合うシーン最高。カガリの腹くくった表情が凛々しいですわ。


それからミーア。
ミーアは本編描写もわりと恵まれてたかな、と思ったのですがジエッジはさらによかった!死んじゃうのは避けられなかったんですけどね(涙)。うるっときました。ミーアああああ!

ミーアとラクスが初対面する場所は地球。アスランの人外ジャンプは見られません(笑)。レクイエムが撃たれた後に呑気に買い物するのはどうよ、という修正でしょうか。ハロが手紙持ってくるとかお花畑展開ではなく、カガリのもとにメールが届く、というストーリーになってます。さりげなくカガリの出番増やしてくれてありがとうちまき女史。

サラ様(でも「サラ」って名前は出てこなかったかな)のSっぷりも健在です。我が身の危機に怯え、レクイエム撃たれたプラントに衝撃を受けるミーアの手に銃を握らせるシーン、かなり好きなんですけど!ハアハアしちゃう。

アスランと再会した時のミーア、錯乱ぶりは本編以上でした。「その人じゃなくて私がラクスなの!」とかもう言ってることが滅茶苦茶なのね。滅茶苦茶なんだけどすごくいいわ。カッと目みひらいて凄まじい形相だし。目の前でアスランとラクスが一緒に並んでいることがミーアにとってどれほど残酷な現実なのかってのが伝わってくる。

アスランも本編みたいに駆け寄るミーアに銃を向ける…とかやらなくってよかった。
実はあれを見た時「風俗店に客として行ってサービス受けて風俗嬢に説教する男」に類するいやらしさをアスランに感じたんですよね。うわ最低コイツ、みたいな。過激な言い方ですけど。
脱走後のアスランの本編での描写ってどうにも好きになれなかった。それは多分、「自分のことを差し置いて説得力ゼロの説教をしておいて伝わらないと暴力をふるう」っていうパターンに辟易したからですわ。

ミーアの「アスランにはわからない!」「最初から持ってるあなたたちにはわからない!」という悲鳴。これ、ミーアがアスランに言ってくれてほんとによかったと思う。
アスランて「自分が恵まれた立場に居る」(境遇は確かに悲しいんだけど)ことを自覚できてないっぽいので、「助けるべき存在」とどこか下に見ていたミーアから「アスランにはわからない!」と言われたことはけっこうショックだったと思うのです。
「ミーアはラクスのことを消そうとするような人間じゃない」とミーアを心底信じていたようですし。そういうジエッジアスランが私はもうたまらなく好きなんです。裏切られても傷つけられても人を信じる強さがある。どっからそんな強さが湧いてくるんだろう、と思わせるあきらめの悪いアスラン最高。
ショックだけどいずれは知らなくてはいけないことだから、ここでミーアがラクスとアスランに叫んだセリフ、二人にとってとても重要なんじゃないかな。

ラクスの「正直な感情を表現できるあなたの姿はとても素敵だと思いましたわ」って言葉。実は好き。
政治家の娘としてプロパガンダに使われ、自分の感情や考えを表現することを制限されていたであろうラクスの素直な気持ちなんじゃないかなと思うから。妄想ですけど。ラクスの内側に抱えているものがミーアの正直さの前にぽろっと出てきたのかもしれません。ただこれは万人に理解されるのは難しい気持ちですよね。人の上に立つ人の孤独な気持ち。ミーアよかったねミーア。ラクスの苦悩がほの見えるセリフじゃないかしら。
THE EDGEではラクスの本心から出た誠実な説得だったから、ラクスの言葉がミーアの心をうったのにも納得できるのです。

「あなたにあんな私見せたくなかったのに」

っていうミーアのセリフには泣けました。本気でアスランのこと好きだったんだなって。考えは足りなかったかもしれないけど一生懸命やるべきことをやっていたミーア。そんなミーアが言うから余計に涙が出ます。ミーアの気持ちはアスランに伝わったと思うよ。うん。

今回はこのくらいで。
なぜかTHE EDGEは女性キャラを語りたくなります。
[PR]

by kanade_s | 2006-12-10 00:15 | THE EDGE 感想

<< 今までありがとうございました。 THE EDGE2巻感想 >>