カテゴリ:デステニ感想( 46 )

2月12日、種D17話の感想


「戦士の条件」っていったい何だったんだろう。

そんな17話感想。


最初、「うぇ、総集編か?!」とぎくりとしました。
あの核爆発のやつ。
いやだわ、心配させないでくださいな。

今見てもアスランのサングラス似合いません。
久々に見たけど似合いません。(私はアスランファン)

地図が出たのは親切仕様。
基地から基地が遠~いです。長旅ミネルバ。

アスランがシンを殴って説教するところでOPに入りましたが、
ユニウスセブン破砕作業の時のアスランの「勝手な行動」はシンにばっちり見られていました。


AAが沈んでいるのを見た時、「この艦沈められたのか?!」のかと思って何事かと思いました。
潜水してたんですね、失礼しました。なんか「海底2万マイル」を思い出します。
海の底でも情報収集を怠りません。テレビいっぱい、クルー皆さんで情報収集。さすがです。


見習ってください、ザラ隊長。


そんでミーア。
やりすぎです。

あんまりです。

正視に耐えうるものではありませんでした。
さらに耳をふさぎたくなりました。


偽者ラクスに呆れかえるクルーの皆さん(含む本物)。
カガリもラクスに「いいのか?」って聞いてました。
キラがすんごい怖い顔していました。何考えてるんだろう。
と思ったら。

「まだ何もわからない」と仰いました。

なにもわからず出航して

国家代表さらいましたね、キラの旦那。

よくついてきたな、みんな
(ただし拉致された人、1名)。


ラクスはきっと「ミーア誘拐計画」とか練ってるでしょう。
そしてミーアが出るはずのところに自分が出て行くつもりだったりして。

偽ラクスが出ていて本物ラクスを暗殺しようとしたら、まあプラントを疑いますよね。

しかしいきなり議長に目をつけるたぁ、さすがですぜ、キラの旦那。(←何か降りてきてます)

今の状況を見たら地球軍がどう見ても悪役。
マリューさんが「地球軍を討ちたくなっちゃう」とさらりと危険なことを口にしていました。
あんたこないだまで・・・。(禁句)
ということで議長の評価は割りに良いのですが。
議長は何考えているんでしょう。

あと、カガリが「アスランが戻ってくれば」と言っていましたが、
アスランどこに戻ればいいんですか。
でもアスランを忘れていなくてよかった。

まさか丸め込まれてザフトに戻ってオーブの領空侵犯して攻撃されて今ミネルバクルーです★だなんて夢にも思わないだろうなぁ。


―― それでそのアスランは。

めっちゃザフト。


ルナマリアに「ザラ隊長!」と呼ばれていました。
いいですね「ザラ隊長」。イザークがそう呼ぶのとまったく違います(笑)。

今回整備士ふたりがいい味出してました。かわいい。
ラクスファンでした。ミーアの方が良いらしい。あれまー。
近づいて声かけたアスランに「ひィッ!!」ってなったコンビネーションも抜群でした。
アスランもからかいたくなるというものです。

それにしてもラクスとアスランが婚約解消したのはプラント市民には知れらていないのでしょうか。
前回の戦争の最後の方は何もかもわやわやで広報も乱れていたのかなあ。
それとも婚約解消を公式発表する前にふたりが亡命してしまったからかしら。

新たに着いた基地でも有名人でした、「アスラン・ザラ」。
アスラン・ザラの名でどよめく兵隊さんたち。
アスランの功罪のうち、何が伝わっていて何が伝わっていないのでしょうか。
「あのアスラン・ザラ」は「どのアスラン・ザラ」だろう。
ラクスも同様。プラント市民は彼女が何をしたと思っているのかしら。

その実、「親友に婚約者を取られた男」というヴェートーベンのような称号を持つアスラン・ザラでした。
(最近そこに「親友に恋人を誘拐された男」も加わりました。)

ルナマリアは賢いだけあって八方美人の気があります。悪いとは言いませんが。
「シンのお姉さん」だったり「アスランの忠実な(?)部下」だったり。
拗ねっぱなしのシンをなだめてました。
シンは「アスランを睨んでばっかり」だって。ルナマリア、よく見ています。
レイの表情、あれは微笑んでいるのでしょうか???
「放っといてくれッ!!」で「仕方ないヤツ」とか思っているのかしら。
活躍した時は心なしかキツイ顔をしていたような気がしたので。

シンとレイは漫画「NARUTO」のナルトとサスケみたいです。ついでにルナマリアがサクラ(笑)。
サスケは自分よりずっと下だと思っていた落ちこぼれ忍者・ナルトが成長するのをどこか面白くないと思っていて、ついには仲間を抜けてしまいます。
(でもナルトには家族がいないのですが、誰を憎むこともなく強く生きています。)
レイは子供みたいに拗ねているシンならいいのかしら。
もしかしてレイはサスケみたいになってしまうのでしょうか。そしてレイ奪還作戦編へ!とか。(ないない)

シンはアスランをずーーーーっと見ていて目が合いそうになるとぷいってそらしたりしていたのかな。
・・・かわいい子じゃないか、シン。
そんなことされたらアスランだって呆れて「なんだァこいつ」って思ってしまいますよね。

会議室にタリア、アーサー、アスランが通されて作戦会議していましたけど、議長は現場からも信頼されています。
軍と国民から同時に支持されるって半端なことじゃないですよ、おそるべしデュランダル議長。
タリア艦長はこの作戦は気にくわないみたいですけど。
議長を「タヌキ」呼ばわりしました。議長への不信感を抱く人がここにも。

アスランが喋っている時のアーサー、拳でこめかみをグリグリしたくなるんですけど(笑)。

地球軍の新型兵器、作動するとき「焼き払えー!!!」って誰かきっと言っちゃってると思います。


ホーク姉妹の話題はシンとアスランのこと。
女からの評価はアスランがシンよりずっと上でした。
メイリンからも「子供」扱いなシン(笑)。
しかしシンも大概な子だこと。上司とずっと口をきかないなんて。

メイリンがかわいかったです。お年頃。
鏡の前でくるくるしてたりとか。おなか気にしていたりとか。
お姉ちゃんと張り合おうとしていたりとか。
メイリンのあのスリップ、きっとワイヤー入ってる。あの裾の広がり方はすごい。
・・・ま、まさか矯正下着?!
「美しい女が美しいのではなくて、美しくなろうとしている女が美しいのだ」みたいなことを寺山修司が言っていましたよ。ガンバレ!


シンとアスランは茜さす甲板で話していました。あんまり噛み合っていませんでしたが。
そこでシン、またしてもアスランにつっかかる。
そりゃあアスランも呆れるというものです。
この子はアスランの言うとおりつっかかるような言い方しかできません(苦笑)。
アスランもシンに対峙する時は余裕の表情をしています。
格納庫で自分を睨むシンに対して微笑みすら浮かべていましたし。

天国のご両親は「こんな子に育てたおぼえはありません!」と言って泣いておられることでしょう。

でもアスランに向かって「やってることメチャクチャじゃないですか!」はその通りだと思いました。
アスランは「君から見たら俺のやっていることはメチャクチャに見えるのだろう」みたいに返してましたが、
・・・おや、私はマイノリティー?!えぇッ。

血のバレンタインのことやニコルのことを思い出しながら語るアスラン。
「力を手に入れたら誰かを泣かすことになる」は重いです。

ただシンの言う「わかってます」はイマイチ信用ならんのです。ホントかよ、みたいな。

そいでアスラン「君は優秀なパイロットだ」とシンに。
シンは内心ですっごい嬉しかったに違いないです(笑)。
ひとりになったら笑ってたりして。

シンとアスラン、2人とも戦争で家族を失っています。しかも自分以外の家族みんな。
シンの「あの時力があれば」→「力が欲しい」という心の動きは痛いくらいわかるのでしょうね。

アスランの基本は「自分のような悲しい思いをもう誰にもしてほしくない」なのではないかなあと思うのです。

んで。
いつになったらアスランは脱プラント(+セイバー持ち逃げ&自爆)→オーブ亡命→ザフト出戻り
という自分の行動について筋道立てて説明してくれるのかしら。

ミーアの存在から議長を疑うキラたち。
ミーアの存在を知っても議長に従ったアスラン。ラクス暗殺未遂を知ったらどうするんでしょう。

次は戦闘がいっぱいのようです。楽しみです。




以上、17話感想。2005年2月12日作成。



[PR]

by kanade_s | 2005-02-12 22:47 | デステニ感想

2月5日、種D感想。


「見逃しました!!」10分ほど。
テレビをつけたらアスランたちが出撃しようとしてました。



アスランはどうやら現場の指揮官だそうで。おお、そういうことにしたんですか。
出撃シーンかっこいいです。
モビルスーツの全身像(?)が大好きなので、長くてもOKです。


シンはどうやら反抗期のようです。

アスランがシンに釘を刺してました。
「発進後の指揮は俺がとることになった」って聞いて不満そうなシンがかわいい。
本当にどうしちゃったんでしょう、この子。


…いくら不満でも指揮官(と書いてアスランと読む)の言うことは聞こうね、シン。


アスランの発進の時の「セイバー発進する!」の声が低目でステキでした。
インパルスの合体見ていて思ったのですが、ミネルバにいっぱいMS積んで一気に発進したら、
友軍機・インパルスの合体を邪魔しそう・・・。
避けて合体避けて合体。(無い無い)
空中合体は危なくないのかしら。


地球軍のMSも久しぶりでした。
オークレー氏は本当に久しぶりで、仮面さんは相変わらず陽気でした。


そのオークレーさん、アスランに苦戦。


あ、オークレーさん。

それね、お前さんがこないだやられた

ザクのパイロットですわ。


(ってわかんないですよねそりゃ。)

アスランVSオークレー、決着のつく日は来るのでしょうか。
戦況気にしつつ戦えるアスランはやっぱりすごい。
ブランクなんてあるように見えません。


わらわらいる連合軍MSは多けりゃ良いってものじゃないですホント。
シンはそれを落としまくり。強い。いいぞー!


で、ネオVSシン。
仮面さんは敵でも常に君づけ(と言っていいのかどうか)だし。
思いやりがあるのかなんなんだかわかりません


アスランに叱られ(?)まくる主人公。
それに対して「文句言うだけなら誰だって!」とシン。
もっともですが、指揮官に口答えはいけません。
出過ぎるシンを一生懸命になだめるアスラン、うわぁ、かっこいいです。


もっと暴れてください、シン!!!(コラコラ)



一方水中。
アビスのアウルが出ました。ああいう風に変形するんだ。


グーンいっぱい発進かわいらしいv
グーンはシードで大好きだったのでまた見られて嬉しいです。
ルナマリアさんは水中戦と聞いてご不満の御様子。

ルナマリアさん、アナタの得意分野は何ですか?!


でも、出撃!!どぼーん!!はザクがかわいく見えてしまいました。
何だろう、水中マジック??赤白そろって余計かわいい。


空中ではオークレーさんが相変わらずアスランに苦戦していました。
シンは雑魚落としに飽きたのか、
指揮官をねらえ!!
をやっていました。(エースは自分ですから、って違うよ)
頭を狙う、まあそういう戦法もありますよね。(かなり違う)


今日のびっくりは、水面を走ったガイアでした。私の目の錯覚でしょうか。
ステラ強いです。インパルスを海中にばっしゃあん!!


アスランはさんざ反抗されてもシンを心配してました(そりゃそうか)。
でもシンは「うるさい!!」
・・・アスランに従う気、無し。
この子はまあ、聞き分けの無い子だこと。


ガイアVSインパルスの戦闘が続く中、
本当にシンとステラがOPのようにくっつく日が来るのかしら、と思ってしまうんですけど。


シンが発見した建設中の基地、強制労働の様子は古代国家。
しかも軍人が民間人を虐殺。
うわぁ、ひどいよひどい。


今日はなんか皆が皆、
「なんだお前は?!」「なんだコイツは?!」
とかそんな感じのことを言い合って戦ってました。色々お互い様ですね。


しかしネオは頼れる仮面だこと。兄貴!!って感じで。
あのアウルも信頼しているみたいだし。


ザフトの潜水艦を沈めて高笑いするアウル。

・・・悪ッ!!

前作の改造人間たちに一番近いのがアウルでしょうか。死ぬなよー。


建設中の基地を破壊しまくるシン。でも目的は民間人を助けること。
いくらなんでも敵基地の深く侵入しすぎです。
アスランは「やめろシン!」とか「下がれシン!」とか。
必死でかわいくてステキです。(眩んでます目が)
今回何度「シン!」って言ったかしらアスラン。
シンは「こうげきりょく」と「かしこさ」のバランスが良くないです。
成長もしてほしいけど、この調子で暴走もしてほしい、あぁ複雑。


作戦終了後、アスランはシンを殴ってました。しかも二発。平手でしたが。
怒るのも無理は無いです。怒るアスランも好き。


言って聞くシンではないと判断したんですね。
「力を持つものなら、その力を自覚しろ!」でしたっけ?台詞。
アスランもイザークとかに似たようなこと言われてましたが、状況は全然違います。うーん。


殴られてもなお、アスランに反抗的なシンが最高です。
まったく反省してません。さすがシン。
いいぞシン、必死なアスランを見せてください(←もう話も何も見えていないんじゃ)

今後は対シン策を練っておかないといけませんね、アスラン。
組み付いて止めるとか(そりゃイージスです)。


シンの「まちがってない!!」と思ったら曲げないその強さをこれからも持っていて欲しいけど、
それだけだとそこで止まってしまうし、シンを見守る心境です。
こういう主人公もいいかもしれない。




16話感想、以上。2月5日。

[PR]

by kanade_s | 2005-02-05 22:14 | デステニ感想

種D15話感想


第15話の感想です。


総集編の感想を書いてからこれを書いたのですが、
総集編は
前作登場キャラの動向を気にかける前に

主人公シンをなんとかしなきゃならん!


という熱いメッセージだと思いました。



というのも、今回も「主人公どなたー?!」という状態でしたから。

あああ、シン。



今回のアスランは色々と間抜けちゃんでした。
いきなり攻撃されるアスランから始まったのですが、「アスハ家の」って名乗ってましたね。
そういうことになっているのかしら。
(オーブは住民総背番号制?)
カガリがあの首長会を抑えられると思っていたのかい、とか、
合流する戦艦とちゃんと連絡取ろうよとか、
色々つっこみたくなることはあるんですけれど、「お帰りアスラン。」



タイトルが「戦場への帰還」なのですが、帰る場所が戦場っていうのが何かもの悲しいです。



キラたちに怒るカガリの言い分はもっともです。
カガリの言うことがもっとも、なんて珍しいですが(←失礼)。
結婚しちゃったからには旦那も首長のタヌキ親父共も、皆手駒にしちゃって、カガリ・ユラ・アスハ独裁体制を作るだけの気概が欲しかったなあ。
(別の番組になりそうです)



キラの言い分、何か腹が立ちます。どうしてでしょう。どうしてでしょう。(←自分への問いかけです)
少なくとも国家のトップが、国を守ろうとしたのを攻めるのはどうかなあ。
(他の国がどうなっても良いのか、という問いかけはどきりとしますが)
それでもってフリーダムで結婚式に乱入して花嫁誘拐するのもどうだかなあ。



オーブの国民の皆様の混乱ぶりを察すると気の毒すぎます。実況中継してたら大パニックでしょう。



ああ、アークエンジェル、なんてことを!!



一方ザフトの基地。


レイのピアノにびっくり。でも食い入るように見てしまいました(コラ)。
それにしても喋りません、この子。
ピアノ弾けたんだ。
ピアノ=故・ニコル氏のイメージだったので、ちょっと先行き不安になってみたり(笑)。


カーペンタリア、すごい施設です。何でもある。


そしてイキナリ現れたアスランにびっくりなザフトっ子たち。ザフトからよく攻撃されませんでしたね。


降りてきたアスランに一言。
アスラン、そのパイロットスーツ、

取ッ替えてもらッて頂戴ッ。
ムラサキー。


敬礼するシンがかわいかったです。
シン、もっとアスランに突っかかっても良いよー。
「何しに来たァ!」くらい言ってもバチは当たらないでしょう。(←イザークとかぶるので駄目です


対照的にしっかりさんなルナマリア。
皆どうしていいのか戸惑っているときに行動できる子っていいです。
(秘書とかにはメイリンの方が向いてそうだけど)


何も知らないアスラン。
ルナマリアから色々聞かされていちいちショックなアスラン。


オーブの情勢もカガリが結婚したことも、何も知りませんでした。
ええぇー?!


…議長、何かなさいましたか?


タリア艦長とアーサーに面会したけどあんまり歓迎されていないようです。
特にアーサーの視線の険しいこと。
ミネルバの指揮系統、これからどうなるんでしょうか。ふたりのフェイスで。
タリア艦長じゃないけれど、何考えてるのかな、議長は本当に。


すごい微妙な立場で心労重なるんじゃないかしら、アスラン。
カガリをフリーダムがさらったと聞いてさらに打撃を受けていました。


私はショックを受けるアスランが大好きなので、

彼を苦難に陥れる際は

綺麗な絵でお願いいたします。
(すみません)


ルナマリアが積極的過ぎてほほえましいです。
すんごいミーハーっぷり。(射撃の練習もしましょうね。)
アスラン、ぼけっとしてると食われますよ。



そしてやっと出た地球軍の彼等。
ステラさんの将来が心配です。単語だけ喋る子。
アウルの身軽さに人間越えてるなあと実感。

「戦闘が仕事」なんて明るく言っちゃうアウル。自分のことはどこまでわかっているんだろう。
(視聴者もわかっていませんが。)



シンはアスランが気になる模様。こないだ(ユニウスセブン破砕時)と大分態度が違いますね。
シンの中ではよっぽどオーブが大きな比重を占めていると思われます。


アスランは急激な情勢変化にいっぱいいっぱい。
正直、もっとカガリを心配して欲しかった。「キラと一緒なら大丈夫だ」なんて、薄情だなお前さん!!!



最後は仮面さんでした。彼、随分陽気な仮面ですねぇ。「仔猫ちゃん」て。
どうして仮面なんてしているの、と聞きたくなります。




[PR]

by kanade_s | 2005-02-01 23:49 | デステニ感想

総集編の感想つらつら

…サイ!!久しぶりだねお前さん!!!


と言ってみたかった、1月29日放送の総集編感想です。(OPの「EDITED」の文字がかっこよかった)



サイの再登場(シャレではありません)を期待していたのですが、ナレーションがサイの声優さんだった、というだけでした。ミリアリアあたりと一緒に出てきてくれたらよかったのになあ。
サイ、ミリアリア、あなたがた今どうしていますかー?

と、前作登場キャラを思っていたのですが。


どうかシンに出番を。


見終わったら上記の意見に落ち着きました。あッちゃー。


今回わかったこと
・ザフトの勢力圏は意外に少なかった。
・オーブは赤道に近い。
・カーペンタリアはオーストラリア北部にある。
・プラントが作っていたのは「核ミサイル防御兵器」。(言い方がなんとも)

…くらいでしょうか。




全体的に戦闘シーンばかりでしたね。それと喋っているレイがすごく久しぶりでした。
ユニウスセブンの破砕作業は、MSひゅんひゅん飛び交っていておもしろかったなあと。ガンダムが輝いて見えました。個人的に好きなところです。
それと、オーブ海上、シン覚醒。優秀な兵力としてこれから活躍してほしいものです。
これ見て、インパルスのデュートリオンビーム、不便なのか便利なのか私には判断がつきませんでした。



何事も・・・これからこれから!!
な、総集編の感想でした。



最初に投稿する感想が総集編、まとまった文章にならなくて苦労しました。
今週中に15話の感想を書けたらいいな。
[PR]

by kanade_s | 2005-01-31 01:20 | デステニ感想

始めます。

種D感想を始めます。


ガンダムシリーズは種Dから見始めました。
現在シードのDVD見て勉強中です。




はまった直接のきっかけは、アスランに惚れたことです。
それではよろしく。
[PR]

by kanade_s | 2005-01-30 03:02 | デステニ感想

アニメ『機動戦士ガンダム SEED DESTINY』感想


アニメ『機動戦士ガンダム SEED DESTINY』感想
※いただいたトラックバックはリンク切れの場合もあります。ご了承ください。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ―EDITED-」
PHASE-15「 戦場への帰還」
PHASE-16「 インド洋の死闘
PHASE-17「 戦士の条件 」
PHASE-18「 ローエングリンを討て 」
PHASE-18「 ローエングリンを討て 」追記
PHASE-19「 見えない真実 」
PHASE-20「 PAST 」
PHASE-21「 さまよう眸 」
PHASE-22「 蒼天の剣 」
PHASE-23「 戦火の蔭 」
PHASE-23「 戦火の蔭 」追記
PHASE-24「 すれ違う視線 」
PHASE-25「 罪の在処(ありか)
PHASE-26「 約束」
PHASE-27「 届かぬ想い 」
PHASE-28「 残る命散る命 」
PHASE-29「 FATES 」
PHASE-30「 刹那の夢」
PHASE-31「 明けない夜 」
PHASE-32「 ステラ 」
PHASE-33「 示される世界 」
PHASE-34「 悪夢」
PHASE-35「 混沌の先に」
PHASE-36「 アスラン脱走」
PHASE-37「 雷鳴の闇」(メモ)
第4期OP/ED感想
PHASE-38「 新しき旗」(メモ)
PHASE-39「 天空のキラ」
PHASE-40「 黄金の意志」(メモ)
PHASE-41「 リフレイン」(前編)
PHASE-41「 リフレイン」(後編)
PHASE-42「 自由と正義と」
PHASE-43「 反撃の声」
PHASE-44「 二人のラクス」
PHASE-45「 変革の序曲」
PHASE-46「 真実の歌」(前編)
PHASE-46「 真実の歌」(後編)
PHASE-47「 ミーア」
PHASE-48「 新世界へ」
PHASE-49「 レイ」
PHASE-50「 最後の力」(メモ)
PHASE-50「 最後の力」
超なげやりスペエディ1感想


[PR]

by kanade_s | 2004-09-01 00:00 | デステニ感想