<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月26日、踊る大脱走・デステニ36話感想


・あぁもう好きだよときめいたよ完敗だよアスラン!

アスランに好きだバカヤローと叫んできましたが、
何よりも自分が大馬鹿であることは百も承知です(爆)。

この感想を書いている人間はアスラン大好きです。
36話のアスランで大変なことになっています。
色々言いたいこともありますが、踊ってます。

でも、どうしてもAA組にはあんまり好意的になれません。
好きな方ごめんなさい。


それでは36話感想、脱走!…じゃなかった、出走!!



More
[PR]

by kanade_s | 2005-06-26 22:31 | デステニ感想

もしも君に会わなければ、

アスラン急展開に際してなんか更新してしまいます。
そういや私、アスランがいなかったら、ブログで感想書くどころか、「ガンダムシードデスティニー」なる番組を見ていませんでした。
そうだ、この男ですよ、すべての始まりは(笑)。

だから最近の駄目駄目アスランを見ている時は、キリキリしてました。
タリア艦長のように「あぁん、もう!」って感じです。

もしも君に会わなければもう少しまともだったのに
もしも好きにならなければ幸せにすごせたのに

(スピッツ「HOLIDAY」)


・・・大好きなスピッツの歌が心に染み入ります。

(染み入るといえば、現在アクエリアスのCMで流れているスピッツの名曲「春の歌」が今年の上半期の個人的No.1ヒットだったりします。サッカー見てるとよく流れてくるのでひそやかな楽しみだったり)


予告を見たのですが、あの手を差し伸べるアスラン、本当にかっこよかった~。
(某マスターはネタバレであの手の先に誰がいるか知ってしまったんだそうです。えぇッ!?)

((…誰もいなかったら私がギリギリまで手をのばさせて、つかむ直前でひっこめて、「うわっ!」ってひっくり返ったアスランを拉致してやろうかと思っていたのに、残念ですわ~/←待ちなさい!止まりなさい!そこの妄想族!!))

すみません、80km/時くらいオーバーしました。ひっかかりました。


しかしアスラン、あなた銃が似合いすぎですよ!

以前タリアが「スパイであるとか裏切るとかそういうことはしない真面目な男」とアスランを評していましたが、アスランはきっとスパイが似合うと思います(笑)。
しくったね、タリア艦長!(違

しばらくぶりに見られる「ヘタレじゃないアスラン」を楽しみにしています。いや本当に。
(ついでにキラキラ病完治させてきてほしいです)


後は脱走後の心配をするだけでしょうかね。
テロリストになるのだけはやめて、アスラン!!

いくらちょっと青い鳥症候群気味のアスランでも、
テロ組織が自分の居場所だと思いませんように。

あぁ、これからも心配しながら応援してくんじゃん、私(笑)。
[PR]

by kanade_s | 2005-06-24 01:46 | デステニ感想

6月19日、悲鳴のようなデステニ35話感想。


34話の感想を書いたのがとても遅かったため、
ほとんど間を空けないでの35話感想です。
阿鼻叫喚です。ひどいことになってます。

頭が痛い気がするのは二日酔いのせいで、決してアスランのせいではないと信じたい。
(35話感想が地獄絵図なのはアスランのせいですが。)

※お願い※
この感想は主観的です。妄想してます。
デステニでもキラがお好きな方は読まないでください。



*******



・先週のおさらい+

フリーダムを倒したシンを見て「シン」とつぶやいたルナマリア。
ルナマリア、最近すごくいい子に見えますw
シンのこともアスランのことも心配しているんだろうなあ。
シンの事情もアスランの事情も知っていて、放っとけない姉さん気質のルナマリア。
ステラが寝てた医務室で、ステラに会いに来たシンを見ていてたに違いないです。
(そういう会話があったらよかったのに~。)

それに比べて、自分の所属してる組織での部下ではなく、
親友(アスラン称)の名を絶叫したアスラン。

シンの心配もしてやってください…。
今、助けが本当に必要なのはシンですよねぇ。あーあ。


もういいよお前。


脱走でも何でもしてください。(ため息)

自分が何しにザフトに戻ったのかどころか、

自分がザフト所属の立場だってことすら忘れてますよ。


自分がフェイスだってことなんかもう、とっくのとうに忘却の彼方だったわけだ。


・・・。

それでもアスラン応援するぞコノヤロー!!


よろよろとテレビを見て「アークエンジェル…キラ…」とつぶやくアスラン。
挙句の果てには「ばかな!!」

そりゃこっちのセリフだよッ!!

この不治のキラキラ病患者がッ!!


ゼェゼェハァハァ。


そ、それでも応援するぞ…!


好きだバカヤロー!!


…ばたっ。

…カガリに捨てられても文句言えないような気がしてきました(涙)。
コイツは、本ッ当ッッにまぁ。
(←地に倒れ伏して拳を握り締めながら)


キラはそれなりにダメージ受けてたみたいです。

キラにやられたアスランも、怪我は無くてもこんな感じだったんじゃないでしょうか。
コックピットの中でぐったり気絶してたんじゃないかしら。見たかった~。

どうしてアスランを助けに行くシンの場面は入れないで、
キラを助けに行くカガリの描写はするんでしょう?!


※私はキラにやられたアスランを助けたのがシンだと信じております。

キラを助けに行くカガリ。よかったね、キラ無事で。(もうカガリが悲しむところは見たくないので)
フリーダムが見事にまっぷたつで沈んでいってたので、
よっぽどインパルスの攻撃がすごかったんでしょう。
アークエンジェルはエンジンを切り離して爆破、上がる水柱を冷めた目で見るシン。
潜水したアークエンジェルは満身創痍ながらもオーブへ。

エンジェルダウン作戦終了。

今度はアスランファンダウン作戦決行です。

成功したから、もうやめてください…。(倒)



・ミネルバの中。アスラン、タリアのところに行けばいいのに。

ザフトはアークエンジェルに逃げられ、捜索してました。
ほっと息をつくタリア。
アークエンジェルの功罪を知って尚、逃がそうとしたなんて彼女らしいです。
本当にタリア艦長、かっこいいわあ。
アーサーが不思議そうな目で見てましたが…。
アーサーはよいキャラです。

最凶フリーダムを倒したシンを大喜びで迎えるミネルバクルーたち。
タンホイザー破壊で友人や仲間を喪った人たちでしょうか、あのメカニックさんたちは。

ルナマリアやレイもシンに声をかけますが、シンはルナマリアに冷たい?返事です。
レイに声かけられて顔がぱあっと明るくなってましたが。
シンは単純だから、いっぺん懐柔しちゃえばそのまんま…。
でもシンのそんなところが好きだ~。
いや、でももうステラが生き返るわけでもないし、心中複雑なんだと思いますよ。
シンは意地っ張りだから、そんなところを表に出せないだけで。
アスランは自分のことでいっぱいいっぱいとはいえ、そこら辺をわかってやってほしいです。
先輩なんですから。

クルーに囲まれるシンを離れたところから見るアスラン。
そんなアスランに気付いて近づくシン。
何を言うかと思いきや、
「仇はとりましたよ」「あなたのもね」

おわーー!!

キラとアスランがかつての戦友と知っての言葉ですか?!
まだ戦い足りないのか、アスランに喧嘩ふっかけましたよこのガキは!!(でも憎めない、それがシン)

売られた喧嘩を買って、シンにつかみかかるアスラン。
よっぽどキラとアークエンジェルのことで動揺していたんだなあ…。
「キラはお前を殺そうとはしていなかった!いつだってあいつはそんなこと!それをお前は!!何が仇だ!!」

ショックのあまり激昂してます、アスラン。
こんなに個人的なことで、自分の立場もシンの立場も鑑みずに怒るなんてなぁ。

キラたち無事だって知ったら、一体どうする気だろう。

第○話「アスラン切腹」なんて勘弁してください。

シンの「なにわけわかんないこと言ってんですか!やめてくださいよ!!」
の方がよっぽどわかりますもん(泣)。
シンはステラへの感情が複雑すぎて、上手に処理できないでいるんですってば。多分。
そのうち自分とちゃんと向き合える日が来ますよ、シンは!!
シンは悪い子じゃないんだああ!!
だからここはアスランが歩み寄ってやってほしいです。

あぁもうシンもアスランも大好きなんですよ!!

シンとアスランが本気で対峙して、睨み合っているのに、言い分はひたすらすれ違ってます。

これはね、アスランがちゃんと自分のことを話さないのも一因だと思います。
もーアスランが悪いよ?
電波じゃあるまいし、普通の人は話さなきゃわかりませんって。
誰か聞いてやってください。
「キラってアスランの何なの?!」
って。(でも答えはあんまり聞きたくないような気がする・爆)

アスラン、シンに怒りをぶつけ続けます。胸倉つかんだまま。
「あいつを撃てたのがそんなに嬉しいか?!得意か?!なぜあいつが…!」
すっかり自分の立場忘れ去ってます。(泣)
確かにシンはフリーダムへの私怨はすごかったけどさー。

これに答えるシンのセリフ、シンらしいなぁって思ってました。
「じゃあどうしろって言うんです?!泣いて悲しめってんですか?!祈れっていうんですか?!
それとも俺が撃たれりゃよかったとでもいいたいんですか、アンタは!!」

シンの「じゃあどうしろっていうんです?!」は悲鳴だよなぁ。
シンは二度も「何も出来なくて泣いた」んだから。

アスランはそれを受け止めないといけないと思う。
・・・のに。

殴ったー!!

ちょっと待て、アスラン!!
「そうは言っていない」ぐらい言ってやってよ!!
手加減無しで、拳で殴りましたよ、この男は!!
戦闘(任務)終わって戻ってきた部下を拳で!

そりゃあアンタ何はもしてなかったから元気なんでしょうけど。

テレビ見て人の名前叫んでただけですもん。


アスランの馬鹿ーッ!!



好きだーッ!!


もーどうしてこんなに馬鹿なの?!

っていうかキラのことは忘れてえぇえぇッ!!

誰かアスラン(とアスランファン)を助けてくださいッ!!
っていうか私を助けてえぇッ!!(悲鳴)


本気で殴り合いしそうなエースたち。
あわてて止めに入るクルー。

…しっかりアスランにくっついてるルナマリア、密かにナイスですw

アスランを止めに入るレイの言い分がもっともでした。
「いかに上官と言えどその叱責は理不尽と思います。」
シンを庇う。そして「シンは命令を果たした」ことを強調するレイ。
「賞賛されても叱責されることではありません。」
まぁ叱責されるべきところであんまりされてなかったけどね、シン。

まぁいいや置いとこう。
それに対してアスランてば「うるさい!!」

イザークかお前はー!!

もうこの姿をイザークに見せてやりたいです。
イザークに嘲笑ってもらえばちょっとは目が覚めるでしょうか。

なおもアスラン、言い募ります。
「あいつに撃たれなきゃならないわけなどない!!」


ハァ?


ごめん、今ちょっとシンとかぶっちゃったよ、アスラン。

とりあえず、皆にアークエンジェルとフリーダムのことを説明してやってください。
「アークエンジェルは敵じゃない!」
と言うのなら、アークエンジェルが戦いを止めようとしていること、彼らの理想を語ってやってください。
だってあの集団の行動(=無軌道無秩序無責任)からそれを読み取れるのなんて、タリア艦長くらいだもの。
説明できるのはアスランだけなんですから。

感情的なアスランを正論で止めるレイ。
アークエンジェルは敵だ、と断言した上で、
「本国が定めたのなら敵です。我々はザフトですから。」
ザフトは議長と評議会に従うもの、とレイはアスランを諭します。

フェイスの紋章が何の役にも立っていないアスラン、よ~くお聞き。(涙)

「何が敵かそうでないか。陣営によって違います。人によっても違います。
相対的なものです。ご存知でしょう。絶対は無い。」
「あなたの言っているのは個人的な感傷だ」

まったくレイの言うとおりです。

それが組織(に属すること)の限界なんでしょうけど、
組織に属さずに力を使うことなんてそうそうできることじゃないから、(色々危ないし)
アスランはザフトのままでいいんじゃないかしらねぇ。

フン!と行ってしまったアスラン。何も言い返せないのはアスランのお家芸(涙)。

あぁ、ルナマリアがすごく心配そうです…。

だ、誰かルナマリアに胃薬を…!

コーディネイターは胃も丈夫なの?!


でもここで言っておかねば!!どんなにアスランが馬鹿でも!!

本気で怒るアスラン萌え!

(もはや意地!)



・その他のザフトの皆様。

ジブラルタル基地に、兵器大集合なのを見て、アーサーみたいに興奮しました。

軍事ステーションではイザークとディアッカが。

イザークとディアッカが!!

興奮しました。(わかったわかったもういい)

「えぇい!!」
と不機嫌にズカズカ歩くイザーク。やれやれなディアッカ。
議長の演説にここの基地も大騒ぎのようです。
廊下で「不買運動でもするか」と冗談めいて笑う軍人に、イザークがつっかかります。
「笑い事か!実際大変なことだぞこれは!!連合と戦うよりはるかに!!
少しは自分で考えろ!その頭はただの飾りか!!」

…あぁ、そのセリフ、ぜひともアスランに言ってあげてください。

言い捨てて去るイザーク。
思うところがあるのか、何も言わずにため息ついてイザークを追っかけるディアッカ。
「お前の頭は今にも爆発するぜ」
「うるさい!!」
あー、相変わらずですイザーク。嬉しいわ~。

あとディアッカ、

それくらいでイザークの頭爆発してたら、


今頃イザーク生きてないから。

大丈夫大丈夫。
(だれもアフロヘアのイザークなんて見たくないし。頭爆発なんて。)



・プロパガンダ大好きデュランダルさんは語る。

目立ちたがり屋さんです(笑)。
戦争をなんでもかんでもロゴスのせいにしようとする議長。
戦争する世界から抜け出す、戦争やめましょうって言ってます。

以前いただいたコメントに「敵国の議長の言うことを簡単に信じられるだろうか?」
という鋭いご指摘があったのですが、本当にそうですよねえ。
戦争やめましょう、っていうのはいいんですけどね~。

あの演説で地球は大混乱。
「StopLogos」のプラカードを抱えてデモ行進する群集。

あのー、私も「アスランがんばれ」とか「NoMoreHetere」とか書いたプラカード持って
ミネルバの中をデモ行進したいんですけど、いいですか、艦長?
(でもヘタレなアスラン好き~)

タリア艦長に叱られるなら、それはそれで幸せです…(やめなさい)。

ロゴスがめっちゃ攻撃されてるし。
こういう暴徒が出るとかなり色々と怖いはずなんですが、
彼らはロゴスと地球軍への攻撃だけしてるみたいですね。

暴徒はジブリールのところにまで来てました。
テレビではロゴスじいさんたちが「助けてくれジブリール」などと言ってました。
いったいジブリールって何ができる人なんだろう…。
いったい何のための親玉なんだろう…。
耐え切れずに、ジブリールは走ってどこかへ逃げて行ったようです。

ネコに餌あげるの、誰かに頼まなくっていいんでしょうか?(んな悠長な)

今回のタイトル「ジブリン逃走」にすればよかったのに。



・追われる立場のアークエンジェル。「仕方ない」(←キラきゅんの得意技)よね。

キラはそれなりに怪我してたみたいです。
なんで捕虜と一緒に寝かしておくんでしょう(苦笑)。
見張りがいるとはいえ危ないじゃない。

ミリアリアとカガリがキラの様子を見に来ていました。
どうしてカメラ持っているんでしょう、ミリアリア。
写真撮るのが普段から趣味だったのかしら、このお嬢さん。
(それにしても一体何を撮る気なんだろう)

キラがとりあえず無事なのを喜ぶ二人。
フリーダムが落とされたことに対して沈むキラ。
「あれを落とされちゃったら僕は…」

何の役にも立ちませんもんね。

可哀想な、キラ!

キラは戦争無くなったら困る人ですもんね。ロゴス以上に。

でもカガリはキラが無事だったことにひたすら喜んでます。
カガリらしいなぁ。弟思いで。

それを見てネオが話に割って入ります。
「インパルスにやられたって?ざまみろ。フン!」
ネオはアウルと一緒にいて口悪いのが伝染ったのかしら?
心の中で「アウルみたいな言い方しちまったな」って思ってますよ、きっと。

いやザマミロですけどね実際。(コラ)

シンのことをしっかり覚えていたネオ。ステラへの罪悪感はどんなもんだろう。
「まっすぐで勝気な小僧だぜ。インパルスのパイロットは。どんどん腕を上げている。」
あぁ、ネオはシンのことそう思ってたのか。
「しかしこの船は何をやっているんだ?こないだは俺達と戦ったくせに、今度はザフトが敵かよ。」
ごもっとも。

誰か答えてやってください…!

途中でマリューが入ってきて、目をそらすネオ。
マリューとネオの会話がよかったなぁ。このマリューがすごくステキでした。
ムウ・ラ・フラガについて聞かれ、
「戦友よ。かけがえの無い。でも、もういないわ。」
がね、こう言うとすごく切ないなあって気分になります。

ところでキラの、女に囲まれるっぷりがすごかった~。3人ですよ3人!

女に囲まれてハーレムじゃなくて女難になるのは、

アスランならではですよねえ。


あと、カガリはテーブルも出さないで、自分でキラに食わす気満々だったでしょう?!

コラコラ!

そういうのはアスランにやってあげてくださいッ!

照れまくって困るアスランが見たい~。



・地球降下のデュランダル。元気過ぎるぞ議長!

やはり先週34話で飲んでいたスッポンの生き血の焼酎割りが行動力の秘訣か…(そんなまさか)。

「すごいものだね。人々の力は。」
怖ッ。扇動しまくったくせに怖ッ!!
議長は大衆を「バカだけど無視できない存在」と考えていそうで怖いです。

あと「旗だけ振って後ろに隠れてる奴」って
思いっきりジブリールのことですよね?!哀れジブリール。

ちらちら映るミーアがかわいらしかった。
ミーア、早く活躍しないかなぁ。
何か不安そうです、先週からずっと。
ジブリールの行方がわからないと聞いて、ハッとしたような顔をした気がするけど、関係あるのかしら。



・基地到着。これから「新たな戦い」へ。

呑気に喜ぶアーサー、憂い顔のタリア。
この人が一番オトコマエです。タリア様~!
何も考えずにはしゃぐアーサーを睨んでつぶやきます。
「剣を取らせるには何よりその大義が重要である」
指揮官講習での言葉らしいです。

アーサーが指揮官講習を受けることは生涯無いだろう

と思っての発言じゃありませんように…。


「撃つべき敵とその理由が納得できなきゃ誰も戦えないもの。
今私達にはそれが示された。ありがたいことかしら、軍人としては。」

タリアがかっこいい!
ザフト所属という自分の立場を考えた上でこの発言!
アークエンジェル討伐が複雑だったからこそ、こういう言い方するんでしょう。
タリア様ー!!

アスランは格納庫で回想するくらいしかすることないのかしら…。
アスラーン…。おーい。

復讐を遂げたシンの表情が暗いのが気になります。
立ち止まるのは怖いだろうけど、シンは一度立ち止まらないとね。
ステラのベルリン虐殺をきっと許せないと思ってるんだけど、
そう思う自分を認められないんだろうなぁ。

迷いを振り切るように「どんな敵とでも戦ってやるさ!」が妙に切ない。
議長の「戦争を止める」大義にすがって、シンは突っ走る。
だからこそアスランにはシンの傍を離れないでほしいんですけど。

議長からの出頭命令、車に乗って向かうシンとアスラン。
後部座席に並んで座って目すら合わせないシンとアスラン。


なんだこの微妙な萌えは。


シンが微妙にアスランを気にしていたような気がします。


格納庫らしき場所で議長と対面する二人。
アスランにとびかかりましたミーア!
ミーアかわいいなぁ。

ミーアに困るアスランはさらにかわいいなぁ。

行け行けミーア、押せ押せミーア!!

挨拶の後、新たなモビルスーツを紹介(?)する議長。
優秀な照明班がいるようです。(あとBGMもかっこよかった。)
演出好きだな~議長。

議長を睨み付けんばかりのアスラン、無邪気に喜ぶシン。
見事に対照的です。

アスランは議長がアークエンジェルを評価していたと思っていたようなので(というか議長がそう言った)
こりゃあ掃討命令なんて出されたらいくらアスランでも相当不信感を抱きますよねえ。

議長、計算済みですか…?

アスランのあの表情を見ても、落ち着き払っています。
「君達の新しい機体」と2機を与えることを告げる議長。
すごく嬉しそうなシン。悲しいなあ。
議長に心酔していて、レイに利用されてるシンが悲しい。
アスランは複雑な表情を隠そうとしません。
「戦争を終わらせる」と言って強力なMSを開発していた議長。
議長が動くと、ワクワクするわあ。



・あぁ、レイが気になるなあ。

「仇はとりましたよ」で、クルーゼを思い出したレイ。
まさかレイは自分がフリーダムを倒すつもりで、
ずっとシミュレーションをしてたとかじゃないでしょうね?
だからシンにすぐにアドバイスできたんだったらすごい。
フリーダムはクルーゼを慕っていたレイにとっての仇でもあったのでしょう。
自分の手は汚さず復讐を遂げたレイ。おおお恐ろしい!

シンとアスランが議長に呼ばれて、ひとり部屋に残っていたレイの表情。
怖い顔してました。
暗い部屋で、宙をにらんで、何を考えていたのやら。



・問題の次回予告。

私が視聴者脱走しないように踏みとどまらないと。…。

アスラン、回想ばっかりしてるみたいです。
アスランは出番増えたと思ったら回想して、話進まないよ、困ったちゃんめ。

あとメイリンが気になって気になって仕方ないです。
な、なんて大胆なんでしょう?!
アスランの目の前で脱ぐなんて!!
そんなことしたら、アスラン逃げちゃいますよ!!

ハッ。

まさかアスラン、服を脱いで迫るメイリンから逃げようとして…?!

情けないわ!!そんなアスラン脱走いやだ~!!

据え膳なら食っちまえッ!!(待て待て落ち着け自分)



*******


2005年6月19日、作成。
[PR]

by kanade_s | 2005-06-19 06:10 | デステニ感想

大変遅くなりました、デステニ34話感想。

とうとう1週遅れです(苦笑)。
やっと書きました、デステニ34話感想。
読んでやるぜ!とおっしゃる方おられましたら、本当に感謝です。
それでは、どうぞ。



※お願い※
当感想記は、アークエンジェルサイドに否定的です。
特にキラ好きさんに優しくありません。
キラ好きな方、どうぞお帰りください。

でも今回はアスランにもシンにもあんまり優しくないです…。


34話感想。

「悪夢」でした。以上。



…いえ、面白かったです。

○タリア艦長、最高でした!!
○ノイマンかっこいいいよ!
○ガンガン動く戦艦はいいなぁ。
○シンVSキラ対決も見ごたえありました。

面白かったです、34話。

いやだがしかし。

問題はアノ男ですよ。

アスランファンの胃を

ピロリ菌並みに傷めつける男、

アスラン・ザラ。


アスランのせいで「視聴者脱走」をやらかしかけました。

この男は…ッ!



*******



・計画通りですか、議長?

死の商人が敵だそうです。
(そういえば最近、雑誌『サピオ』の特集が「死の商人」じゃありませんでした?)
世界の真の敵はロゴスだそうです。

ふーん。

議長の演説にカガリもユウナもびっくりです。

・・・ん?
え、あ、あああ!!

よくぞ無事でユウナ!!

どうやって帰ってきたかはまったくもって不明ですがお帰り、ユウナ。
(なんか誰にも心配されてなさそうだからここらで心配しておきます。)
オーブに帰るの、簡単なんでしょうか?!
早くオーブに帰って来てカガリ!!
「オーブが心配だ」って言ってたけど、カガリはず~っとオーブの心配してましたもんね。

びっくりしたのはプラント評議会も同じだったようです。
議会に何も言わずにテレビで演説ですか、議長。
たまげただー。
あのプラント評議会、とっとと解散したほうがいいのではないですか。
統制されてどうするんですか、文民!!
文民統制じゃなくて統制文民。あーあ。
プラント評議会、パトリック・ザラの暴走に懲りてないと見えます。

大体ね、言いたいことあるのなら発言しなさいよ、何のための議員なのアナタ方!!
コーディネイターなのでしょうか、本当に。

ミーアはかわいらしかったです。やられそうです(笑)。
はー疲れたーとソファにころん。
議長の部屋にこそーっと入って行くところとか。
上目遣いかわいいなぁ。
議長はワイングラス(?)で何を飲んでいたのやら。
赤い液体のようでしたが…、

すっぽんの生き血だったらどうしよう。

・・・すみません。

ミーアが議長を操ってる、とかならすごくいいんですけど(笑)。
某谷崎小説のナオミみたいに議長をいいように振り回しているミーア。
(でも譲治=デュランダルは無理があります。アスランが譲治ならわかりますが・爆)
ミーアが悪女だったら燃えます!悪女好きだ~。



・今度は追われる立場に。

きゃあ、正義の味方がピンチよ~!(棒読み)

逃げて!!

もう二度と

番組に出てこられないところまで!!



アークエンジェルも衝撃を受けてました。
議長の演説に動揺するも、キラ将軍の鶴の一声でオーブに向かうことになりました。
判断遅いよ~。
もっと早くカガリをオーブに返してあげてください。

それにしてもキラ様のセリフ。すみません。ちょっと愚痴言わせてください。

「今までとは違う何かが大きく動こうとしている。そんな気がします。」

「今までとは違う」って、こないだ「よくわからない」って言ってませんでしたっけ?
「何か」って、だから何なんですかいったい!!具体的に言えとは言いません。
でも「戦いを拡大させるもの」とか「平和を乱すもの」とかいくらでもどーいうものか言えるんじゃないですか?!
説明してくれないとわかりません!!私お馬鹿だからッ!!!
「大きく動こうとしています」ってもちろん悪い方向へ動いているんだろうなという想像はつきます。
でもさぁ、ひとこと「良くない方向へ」「止めなきゃいけない方向へ」とか言ってくれてもいいじゃないですか。

もー抽象っていうのは、物事から大事なエッセンスを抽出して初めて意味が出てくるものじゃないんですか?!

キラ様の言葉は意味無く抽象的すぎるもんだからわかりませんよッ!!

・・・大変すみません。愚痴りました。

まあそんな疑問はどうでもいいんですよね。だってキラ様。

「そんな気がします。」って言ってましたもの。

出たよ魔法の言葉ソンナキガシマス。

効果:これですべては正義の名のもとに。



・タリア様あぁタリア様タリア様。

ザフト側。雪山に集結するザフト。あぁ寒そう。
雪煙あげて進むバクウ。おぉ沈まないんだ、すごいや。スノーモービルみたいにしてるのかしら?
アークエンジェルをアンノウンからエネミーと認定。


判断遅ッ。


エンジェルダウン作戦を支援しろ、とミネルバに命令が下されました。
アーサーもタリアもびっくり。
そうですよね、戦える状態じゃないですもんね、ミネルバ。

でも結局戦闘開始。
今日のタリアは本当に素敵だったわあ。アスランと対照的に。

アークエンジェル撃破の命令に異を唱えるアスラン。
タリアに向かって机バンッ!!ってかなり激しいですアスラン。
「なぜアークエンジェルを撃つことになるんですか?!この命令は絶対におかしい!!もう一度司令部に…。」

自分でやれよお!!

滂沱の涙です。本当に情けない(泣)。うわあああああん!!

力も権限も、何の意味も無いです。さすがアスラン!!

ついでにアークエンジェルを撃てと命令されるのは何の不思議も無いですよアスラン!!

ちゃんと奴等のしたことを見て!!


そこはタリア艦長、キツイ口調でアスランを叱咤します。
「あなたももういい加減とらわれるのはおよしなさい」
「ちゃんと前を見て!!」
「見たくないというのなら、部屋にでもいなさい!!」


タリア様ー(歓喜)!!

もっとアスランに言ってやってください、タリア艦長!!

もータリア艦長が素敵で素敵で素敵でした。

しかし使えねえ男だ、アスラン!!

「アスラン脱走」より「アスラン解雇」の方が

展開的に納得できるような気がします、今なら。



・艦の行方をマリューに問えば、あたしゃ乳要員キラに聞けチョイ。

マリューさんが阿呆でした。
今に始まったことじゃないけど阿呆でした。


「どういうことなのこれは」
「なぜザフトが急にこんな…」


えぇー?!(ガビーン)


(↑うすた先生の漫画風に読んでください)

アークエンジェル、どの陣営から狙われたって何の不思議も無いよ!!

ザフトに何したか忘れたんですか?!
地球軍に狙われたら納得かい?!

撃って撃って撃ちまくっていたじゃないかああ!!

誰がそんな奴を敵じゃないと言うんだ~!!

体が育っても、大人になれるわけじゃないんだなぁ。
・・・気をつけよう。

あとアマギのセリフ。
「無意味な戦闘は避けるというこの艦の理念は理解しておりますが」


えぇー?!(ガビーン)


めっちゃ無意味に戦闘してきたじゃない!!

しかもなまら積極的に!!

みんな~、しっかりしておくれよ~(涙)。

アークエンジェルの食堂に集まったオーブ兵さん達を見ると、クマ牧場を思い出して仕方ないです。

ハッ!

クマ牧場に温泉(もどき)。
登別観光したいのかもしれない、キラってば。



・シンVSキラ。ずっと待ってた、この対決。

いやあ、最近のシンはクソガキ全開、本当にふてぶてしいです。
でもシン好きなんですよねえ。
この人間味あふれてて、エネルギーが常に外に向かうところが。
愚かで、誰にも正しさを認めてもらってませんけど。
今は本当にどうしようも無い子ですけど、それでもやっぱりシンがどうなるか気になりますもん。

今回の戦闘でも、出撃できるのはシンだけ。
待ってましたとばかりに出撃していったシン。
レイがやたらと優しいのが怖いです。何考えてるのこの子!!

さて今回もアスランはシンに話しかけようとしますが、シンは見事に無視。

このクソガキーッ!!

しかもアスラン残して扉閉めるとかいう高等技術を使いましたよ!!

シン、アスランいじめたいなら素直にそう言え?

止めないから。


・・・すみませんすみません。


34話の後半の戦闘は本当に面白かったです。
いよいよ本格的に戦闘に入ったミネルバ。シンも出撃。
アークエンジェルを追いつめます。
ミネルバがアークエンジェルを捉えて、イゾルデ撃ってAAが回避したのには興奮しました。
あんなでっかい戦艦を「振り回す」操縦士のノイマンは本当にすごい。
ニアミスにどっきんどっきんしました。でっかいのふたつがあんなに接近して。
アーサーばりに驚きました。おおお!!って。
毎回こんな戦闘シーン入ってたらいいんですけどねえ。

戦闘でもステキなタリア艦長。
アークエンジェルが「当てようとしない」戦い方をするのを見抜いていました。
さらには国際救難チャンネルなるものでアークエンジェルに投降を呼びかけました。
司令部からの命令は撃破、タリアの行動に驚くザフトの白服のおやっさん。(なんかこの人イイカンジです)
「仕事がある」
「今また2色になろうとしている世界に本艦はただ邪魔な色のかもしれません。」
「だからこそここで消えるわけにはいかないのです。」
とかなんとか言って、投降を断るマリュー。

仕事って何?!ってタリア艦長はツッコミ入れませんでしたね。
カガリをオーブに、とか言ったら、今オーブは連合の同盟国なのでマズイのかしら?
でも「国家代表を無事に国に送り届けなくちゃいけない」くらい言えばいいんじゃないのかなぁ。
オーブ代表乗ってる船を攻撃したらザフトだってヤバイわけですし。
う~ん、よくわからないやw

んで、白服のおやっさんの命令で総攻撃を開始するザフト。
ひたすら防衛するフリーダムとザフト。
あんな雪山で火器ドンパチして、雪崩とかは大丈夫なんでしょうか?


そして遂に来た、シンVSキラ。
うわあ、どっちも覚醒状態ですよ!!

フリーダムに襲い掛かるインパルス。
シンの怨念私怨執念、とにかく凄まじいです。
こういうシンを見ると、どうもシンが好きだなぁと思ってしまいます。

フリーダムはアークエンジェルを逃がすために、防衛戦。
あのやられたザフト兵たち、雪崩とか起きて巻き込まれない限りは、戦場で動けなくなっても平気かしらね。

救助急げ~!!雪山は怖いぞ~!!

一方のシンは本気でフリーダムに襲い掛かります。
レイの入れ知恵でコックピット狙わないフリーダムの戦い方を利用した作戦を採ってました。
シンは「逃げるな!!」とか殺る気満々。すっごい戦い方してます。

あぁ、そこのアスラン。

「シン!よせ!!キラ!!」

は無いでしょうよアンタ(落胆溜息)。


もー見てられません、アスランを!


「いっつもそうやってやれると思うなあああ!!」
のセリフにちょっとスッキリしました(笑)。
だってふざけてるとしか思えませんもの、フリーダム。
戦場に現れて「殺したくない」なんて、普通信じられませんよ。

インパルスが大活躍でした。燃える~!!
攻撃避けるのに、わざと分離したりとか。すごいすごい!!
あれって分離したら、ミリアリアの見てるレーダーには「熱源2つ!!」になるのかしら。

…インパルスの敵になったら、オペレーターはやりたくないです。

なおも攻撃を続けるシン。まぁ叫ぶこと叫ぶこと。
「アンタがステラを殺した!!」
そうなんですか?未だにステラの死因がよくわかりません。ごめんよシン。
「止めようとしたのにいい!!」
ステラのしたことが許されるものではないとわかっての行動らしい、シン。

…もしもあの時ステラが止まっていたら、シンはその後いったいどうしたんでしょうね。

戦闘は続く。
シンすごいです。わざと被弾(?)したり、換装しまくってます。

ロゴスが喜びそうな戦い方です。

あぁ、インパルスの味方になってもオペレーターはやりたくないですわ。

メイリン、あぁこの子も忙しい子だこと。


「アンタは俺が撃つんだ!!」
とのシンの猛攻に、ピンチに陥るキラ。
(見てられないカガリが軽症のキラキラ病になってました。カガリらしいわあ。)

ミネルバもタンホイザー起動、アークエンジェルを狙います。
タリア艦長が苦渋の表情(?)なのは気になりますねえ。

いよいよピンチ!!

そこにインパルスがフリーダムをぐっさり!!

シンやっちゃったよシン!!
わーキラがやられたのに素直に喜べないなんて、びっくりだ~。

タンホイザーも爆発して海上が火の海に!!ひえええ。
アークエンジェルに当たったんでしょうか?
それとも間一髪潜水して平気だったんでしょうか?
でもあの爆発はすごい。わー興奮する!!


無敵のフリーダム、遂に敗れる。

ボロボロのインパルス、ボロボロのシン。
人型のモビルスーツの頭部が無いとこんなに怖いんだなぁ。
涙を流して笑うシン。
「やったステラ、やっとこれで…」
仇はとったよ、ということかしら。

うーん、シン、誰かに仇討ちされそうだなぁ…。

この先シンはどうするんでしょう?


まーそれは置いといて。

問題はコイツですよ。ラストシーンをもってゆきました。

「キラーーー!!」と絶叫。


えぇー?!(ガビーン)


カガリは?ねえちょっと、恋人は?!

ミネルバの中であれは無いですよねぇ。ここまでアホの子になってしまったのか、アスラン…。
今度からアスランじゃなくてピロリ菌と呼ぼうか、この男。

まったく。

キラの名を絶叫するアスランの口に、

わさび詰めたうまい棒を

突っ込んで黙らせたいです。


でもわさびにツーンとして涙目になったアスランを想像してちょっと萌えました。



*******


2005年6月17日、作成。
[PR]

by kanade_s | 2005-06-18 02:50 | デステニ感想

6月4日、種D33話感想



ま~た感想の書きにくい回でした。
私が感想書くのって、モグラたたきしてる気分です。
ハンマー持ってうりゃうりゃうりゃ~!!って。
あんまりモグラが出てこなくてハンマー持って立ち尽くしてる気分なんです、こういう回は。
それでは、33話感想、どうぞ~。

※お願い
デステニでのキラ好きさんには非常に優しくない感想となっております。
デステニでもキラが好きな方、どうぞお読みにならないでください。
対応しかねます。



*******



・ステラを湖に沈めるシン。パイロットスーツって防寒着にもなるんだなあ。

これまた皆が驚くとっぴな行動で、湖までステラを連れてきてしまったシン。
本当に、急にステラしか見なくなったよなあシン。
ステラへの優しさをもう普段もう少し出せればいいのに。
湖に沈むステラを見て号泣するシン。雪の積もり方がおかしいのはご愛敬で。
顔がもう修羅になってしまいましたよ~。
なんだかんだで、シンの愚かさや弱さを持っている点も好きなので、
できる限りシンを見守りたいと思います。放っとけない感じで。



・シンとアスラン。アスラン、しっかりいいいい!!

壊滅したベルリンの町の救援にあたるザフト。

アークエンジェルはいつものようにさっさと退散。
まあお片づけをしないのは今に始まったことじゃないので。
キラって女孕ませて逃げるタイプのような気がするんですけど。これ見てると。(ぼそっ)

雪が降ってる時に災害(人災)は悲惨です。
ベルリンの町を見下ろして、辛そうなアスラン。
アスランが何もしないのは、ミネルバでの待機命令が出ているからですよね?ね、ね。(必死)
アスランの悲しげな横顔、好きだわ~。
アスランはどうして憂い顔が似合うんだろう。

シンの部屋を訪れるアスラン。
「ひとりでよくやった」とかねぎらいの言葉を言いに行ったんでしょうか。

と思ったら、薄暗い部屋でカチャカチャなにやら怪しげな雰囲気。
思わずアスラン「何をやっているんだ」と声をかけます。
そしたらシン、ぷいと横を向いて、相手にすらしません…!!

こ、このクソガキ…!

画面に映るフリーダムに気付いたアスラン、
もう一度「シン!レイも何をやっているんだ!!」と語気を強めます。
肩に置かれたアスランの手を振り払うシン。しかもアスランを睨みつけました。
ひいい、レイまで冷たいし…!!


このクソガキ×2!!


フリーダムとの戦闘シミュレーションをしていると答えたシン。
アスランには自然に敬語になるんだよね、シンて。

シンとレイはフリーダムを「まるっきりわけわかんないやつ」「味方でないので、あれに備える」と熱心に戦闘パターンを分析。
なかなかうまくいかないようです。フリーダムは強い。シンも認めるところです。
フリーダムを倒す、それに備えておくのは間違いじゃない、という二人。

そんなレイとシンにアスランは食ってかかります。
最近短気になってきたアスラン。
でもアスラン、何一つ建設的なこと言えてないですよね。とほほ。
でもアスランもどうしたんですか?!
「キラは敵じゃない!!」って、

ええぇーーー?!

なんかおかしいですよ、色々。
キラに敵認定(?)されて思いっきり斬られたのにッ!!
世界のためにも、あれは落としておいて間違いじゃないと思いますが。
どんだけ心が広いんだアスラン?!
キラキラ病、相当重症です、この子…。
「キラは敵じゃない」と言いたいのもわかりますけど。
シンの「アァ?!」も今なら許す!!
でもレイ、「あなただってあれに落とされたでしょう」と言って何度もセイバー撃墜シーンを見せないでください。(泣)

レイは最近シンとアスランの間に割って入ることが多くなってきたのですが、
シンとアスランが仲良くされたら困るとかがあるんでしょうか?
議長から何言われてるんだ、レイ!!

レイをはさんで睨み合うシンとアスラン。
わあ、アスランが誰かを睨んでるところなんて久々だ(そこかよ)!!
先にぷい!と横を向くシン。

にらめっこだったら、シンの負けですよ!!

しかもレイがアスランに嫌味言うし。
それを受けてシン。クソガキっぷり全開です。
「いいよ、レイ。負けの経験なんか参考にならない。」

黙れクソガキぃぃ!!


さすがにキレかかるアスラン(と私)。アスランの前に立ちはだかるレイ。

顔が近い、顔が近いよッ!!

何考えてるんだこの変態…!(それはお前だ)

シンは「フリーダムは俺が倒す」

それは誰も止めないよ、がんばれー!!(コラ!)

シンはステラと出会って、すごい方向に突っ走ってしまいました。
ずっとこのまま、ではステラがあまりに気の毒なので、
何か事件が起こってシンが立ち止まれたらいいんですけど。
そのきっかけがアスランだったらもっといいんですけど。

アスラン、お願いだから、あの馬鹿なクソガキを見捨てないで!!



・アークエンジェル内。そうかそうか、不可能が可能になってしまったか。

キラが撃った星の数ほどの犠牲者の中で、
アークエンジェルに収容されて治療を受けるという僥倖にあやかったネオ。

ねおがあにきみたいなせいかくでびっくりしました。(←棒読み)
そういやマードックさんもフラガを知っているんですもんね~。
「検査の結果」というのは、DNA鑑定とかでしょうか?
本人と一致というのは「いわば肉体的にはムウ・ラ・フラガ」。
クローンだと、そこらへんはどうなんでしょうね。

戦闘中にフラガだってわかってたらしい、キラは。
ああもう何でもありだよキラ様。
「わからない」と言う割には何でもお見通しだよキラ様。

ネオが目覚めて最初のセリフが

ハッ!!俺の仮面!!

じゃなくてよかったね、マリューさん。
仮面は拾ってこなかったんでしょうか?

ネオに近寄るマリュー。
男は気を失って動かない。
その顔は、かつて愛した男のものだった。
傍らに転がる怪しげな仮面。
マリューは男と仮面を交互に見遣る。
マリュー「これをこの人がかぶってた筈無いわ。ムゥだけ回収!!」
クルー「イエッサー!!」

だから誰もあの怪しい仮面の理由を話題にしたりしないんですよ。
マリューさんには色々認めたくない現実が襲い掛かっておりますなあ。

マリューさんの泣くシーンはイマイチでした。
人前であんなに泣いて取り乱すより、我慢して一人で泣く方がぐっとくるんですけど。
それはまぁ仕方ないかあ。この人でっかい子供みたいなもんだし。
なだめるミリアリアがいい子でした。
どっちが大人なんだかわかったもんじゃないですよね。
ミリアリアの普段の落ち着きっぷりはすごいですもん。

ネオがステラを忘れてなくってよかったです。
カオス爆発を見て何も言わなかったのが気になりますが。
スティング、死んだんでしょうか?
さあ、ネオ。これから苦しめ苦しめ~。



・ルナマリアとアスラン。久々にアスランに話しかけるルナマリアを見た。

ルナマリア、怪我が全然回復してないように見えるけど、
あれは女の子の体に傷が残ったらいけないから、大事を取っているんですよね?
元気なルナマリア、かわいいなぁw

ボロボロのセイバーを見ながら、シンに言われたことを思い出すアスラン。
そんなアスランに話しかけるルナマリア。
なんかルナマリアに冷たいよ、アスラン。
でもルナマリアはメゲない!!ナイスだルナマリア!!
「私はアスランにもっとがんばってもらいたいだけです。
もっと力を見せてくださいよ。
そうすればシンだってもう少しおとなしく、言うこと聞くと思うんです。」
「アスランは優しすぎますよ。そういうことろも好きですけど。」

仲間だルナマリアー!!

「もっと自分の思った通りにやればいい」は、キラヤマトくらいになったら困りますが、
本当にそうですよね。
迷ってばっかりで何もしてないですもん、最近のアスラン。

「力も権限もあるんだから」とルナマリアに言われちゃったアスラン。
そうなんですよね…(ため息)。
オーブ時代、力も権限も無く、しかもムラサキ頭にいいようにされてたアスラン。
ザフト復帰後、貰ったセイバーは粉々、フェイスの権限はまったく生かしていないアスラン。

・・・。

ああ、いいさ。
そんなアスランを見守るって決めたんですから。

アスラン好きだバカヤロー!!



・議長の演説。文字通り「公共の電波」だなあ。(テレビ多すぎる。)

イザークがちょろっと出てきたあああ!!

明るいニュースには飛び付きます!!ディアッカも「お久し」です。

かつて彼はアスランに「戻って来い。俺が何とかしてやる」と言ってましたが。

今のアスランを何とかしてイザーク!!

殴り飛ばしてやってイザーク!!

「貴様、そんなところで何をやっている!」って言ってやって!!

色々何とかしてほしいことがあるよ、イザーク!!

助けてジュール隊長!!


ジブリールが憐れすぎます。
ジブリール、取り乱しすぎです。すごい顔です。
「やめさせろー!」って部屋の中で言っても、誰も聞いてくれませんよう。
猫が聞いてても、何にもなりませんし。
薄暗い部屋から出てこられないわ、人の話を聞けないわ、会話ができないわ、酒無しでは生きられないわ。
困った奴だ、ジブリール…!!
プラントの議長と対立するつもりなら、もっとマトモなキャラにしてやればいいのに…!!
部屋のテレビ全部に議長とミーアが映ったのは、さすがに気の毒でした。地獄だあ。

全世界に向けて流されるデストロイのベルリン蹂躙の映像と、議長の演説。

困ったことにまともに見えますねえ。

割ってはいるミーアが立派でした。
どうやら無事に宇宙に戻ったようですね。
キラも、ミーアを睨む前に、ラクスが今までしてきたことをよーく考えてごらん。

ロゴスが真の敵、と暴露した議長。
世界の真の敵はロゴス、ロゴスを倒そうと呼びかけてました。
こ、今度は世界を巻き込んで、戦争させたい人VS戦争させたくない人で戦争しようってか…!!
議長、最高だあ!!(コラッ)
大々的に「戦おう」と呼びかけた議長。
「敵」をハッキリさせちゃいました。
でもそれロゴスの論理とあんまり変わりませんよねえ。

そういや議長、あのチェスボードは演説に必要な演出なんですか?

あれを見てるシンの反応がどうしょも無いです。
あれ全部、ステラのデストロイがやったことなのに。
デストロイにやられた人々の憎しみを見たら、何か思うことがあってもよさそうなのに。
これは直接、ベルリンの人々がデストロイを憎み、ザフトかフリーダムを称える姿を見るまで変わらないかしら。
ステラのしたことは、やっぱりシンが受け止めてやってほしいなあ。


編集してフリーダムを消した映像を流していたらしい。


私も、今まで出てきたフリーダムとそのパイロットを編集して消したいです。

議長の演説を聞いてのシン、アスラン、キラ、レイのそれぞれの反応でED、っていうのがすごいよかったです。
ストーリーの先行きは不安だらけですけど、こういう演出見ると燃えるんですよね。
EDのミネルバ組4人の表情と、今回の4人組の表情が合致してたかな。
最後に言わせてください。


ショックを受けるアスラン、

その表情好きだー!




*******


やる気少な目ですみません。

2005年6月4日、作成。

[PR]

by kanade_s | 2005-06-04 23:58 | デステニ感想