<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アスランバトン、いくわよ!

寅吉さんより、アスランバトンを奪ってまいりました。
寅吉さん、どうもありがとうございました。(連勝おめでとうございます。)


それでは以下に回答を。


Q1: あなたがアスランを好きな理由は?

えぇ~?!好きなところ?
長所も短所もひっくるめて好きです。
お馬鹿な行動とか鈍さ全開の言動とかヘタレてるアスランも大好きです。
何してても必死だっていうのがわかるからかな。

う~ん、でもあえて挙げるなら、

・いじめがいがありそうなところ。

アスランてば一見まじめでストイックで、凛とした非の打ち所の無い男です。
…自分で言っててアハハハ(乾)なんですけど(笑)。

ところがどっこい。
まじめが高じて悩む悩む。
すぐには答えの出せなそうな物事に対しても悩む悩む。
ひっかかったこと全部を放っておけない。
そんなお前を放っておけないよ、とこっちは言いたいのですが。

きっとこの「ギャップ」がたまらないのだと思います。
何でも出来そうなのに、人の言うこといちいち真に受けて振り回されるその真面目さ。
気にせずにはいられない不器用さ、要領の悪さ。
悩んでる姿も苦しんでる姿もたまりません。

だから、アスランて「いじめがい」がありそうなんです。


Q2: あなたがアスランに絡ませたいキャラは?
(コンビ or カップリング)


・イザーク
良きライバル。ディアッカ、ニコルも一緒に居たら最高です。
ベタベタ馴れ合わないけど、ぶつかりあって成長できる関係が好き。
アスランはイザークみたいにガンガン絡んでくる相手が必要ですよ。
いざとなったら襟首つかんで引きずっていってくれるような人間が傍にいないと駄目です。
部下にしてもらえばいいと思いますよ本当に(アスラン超嫌がりそう)。

・カガリ
「カガリにしか見せない」表情が好きです。
振り回されつつほっと出来る関係なのではないかと。

・タリア
タリア艦長との会話がもっと見たかったので。
キラキラ病アスランを叱責するタリア様は本当に素敵でした。
アスランの人物を評価してるタリア艦長の下で、アスランもっと出来ることあったんじゃないかなあ。
個人的な願望では「ミネルバのひよっこ3人について語りあってほしい!」というのがあります(笑)。

・シン
最愛の凸凹コンビ。
ぎゃんぎゃん噛み付くシンを叱りつつ宥めつつしてるアスランも好きだし、
やることやったらちゃんと褒めてやるアスランも好きです。
シンと居る時は先輩らしいアスランが見られるので。
シンもなんだかんだ言ってアスランを認めているようで、
それを素直に言わない(でも見ているほうにはバレバレ)のがまたツボですw
鉄壁に見えたアスランの意外な「弱さ」を知ったシンは、
未熟さゆえに表向きあんな反応をしましたけど、
本人には「しっかりしてくださいよ」と面と向かって言えました。
それに応えることが出来ずにミネルバを離れてしまったアスラン、
この二人がなんとか生身で再会してくれることを祈っています。


Q3: アスランのセリフで好きなものを挙げてください。

セリフがぱっと浮かびません(汗)。
呻いてる声とか大好きなんですけど。


Q4: アスランにまつわる好きなシーンを挙げてください。


※無印SEED※

「二人だけの戦争」

カガリ相手に表情豊かなアスランが堪能できたので。
ありえない体術も赤くなるアスランも母親のことを話すアスランも全部良かった。
ついでにカガリのすごさも思い知ったのでした。
転がりまわりたいくらいアスランでした。

バトン受け取った方々、かなりこの回挙げてらっしゃいましたね(笑)。


「慟哭の空」

包帯アスラン萌え。
泣きながらカガリに押し倒されてて萌えました。

このときのことはアスラン一生忘れられないんだろうなあ。
ニコルを喪って、キラを殺して(と思い込んでて)真っ白になっちゃった状態で、
カガリに拾われてよかったねえ。


「ラクス出撃」

包帯アスラン萌え。
父親に撃たれてしまうという悲惨な場面でしたが、萌えました。
不謹慎ながら倒れるアスランに萌え。
手錠かけられる姿にもときめきました。
連行されてる時に突然暴れだして(笑)手錠かけられたまま警備兵を蹴り倒すのには笑いましたが。
ダコスタ君来なかったらどうなってたんだろう…と思うとわくわくします。(待て
物陰に連れ込まれて息切れしてる姿にどきどき。
ダコスタ君に銃で手錠を壊された場面は叫びたいくらいでした。

たった一人の肉親と道を分かつ選択をしたアスランの悲惨さが滲み出ていた回。


あと、何話だったか忘れましたが、
カーペンタリア基地でイザークとアスランが握手するシーンが大好きです。
イザーク本当にいい奴だなお前…!って熱くなりましたもん。
赤服で腕吊ってたアスランに萌えたのはもちろんですが。
包帯アスラン萌え。


※ですてに※

「ローエングリンを討て」

シン!おすわり!!と言わんばかりに下を指差していたアスランにわんこの飼い主スピリッツを見ました。
叱咤激励する良き先輩アスランでした。
シンも素直に聞けてましたし。

連合の兵士が殺される様を目の当たりにしてそれを表情に出さずにシンを褒めたアスランも大好きだったりします。


「罪の在処」

ロドニアのラボのVSガイア戦で、シンとアスランが初めてチームプレイらしきもの(?)をしたのが印象に残っております。
アスランの指示を聞いてないようで聞いてるようで聞いてないようで聞いてるシンとの連携プレイ。
ステラを抱えて全力ダッシュのシンに置いてかれてぽかーんとするアスランもかわいかった。


「自由と正義と」

怪我をおしてシンに会いに行こうとするアスランに安心しました。
ここは「安心」なんですよね。
あの脱走時の「すべてを殺す」級のどこから何を受信しちまったんだお前というセリフが来るのではないかと恐れていましたから。
ジャスティス抜刀とか説得の言葉の内容はともかくとして、シンに伝えたいことがあるぞコノヤローっていうのはひしひしと感じられました。
あとは…苦悶の表情に萌え。
包帯アスラン萌え。
ほっぺたのばんそうこう萌え。
気絶!脱衣!!流血ーーー!!


デステニではシン絡みのアスランが大好きです。
シンはアスランの鏡みたいな存在に思えます。
実際アスランが戦場に出て悩んでいる間に手を汚したのはほとんどシンですし、
境遇が似ているのにスタンスが真逆だし。
あぁもっとこの二人が見たかった!


Q5: アスランがあなたの目の前にいます。どうしますか?

えぇーっ?!
困らせたいいぢめたいうろたえさせたい…!!


Q6: 最後にバトンを回す方を指名してください。

O-tanさん(暴走仲間)にささげます。



以上です。読んでくださった方ありがとうございました。
[PR]

by kanade_s | 2005-09-24 21:44 | 雑談・デステニ関連

9月18日、種D48話感想。


※この感想はアークエンジェル大嫌いな人間が書いております。※

あと2話かあと2話なのあと2話かよ。

本当に終わるんでしょうか、この番組。
全ッ然ストーリー進行しなかったよう。
感想書く気力にまたレクイエムをくらいました!
壊してなかったのかーッ!

『ガンダムSEED DESTINY』48話「新世界へ」感想と妄想、どうぞ。



「諦めたらそこで番組終了だよ。」「終われー!」
[PR]

by kanade_s | 2005-09-19 03:37 | デステニ感想

9月13日、デステニ47話感想。

※この感想を書いている人間はとてもAA嫌いです。

今回は特に書くこともないので簡単にいきます。
妄想多めです。(いつもですが)
私はミーアが大好きですが、他のミーアお好きな方に怒られませんように。


*******



・いつからピンクは鬼畜の色になったんだろう。

どうでもいいのでちょっとだけ。
ミーアの遺品を漁るラクス様の目が鬼畜っぽくて恐ろしかったです。
S…ドSだわこのピンク…!!

最後の涙は、自分の行動への後悔であってほしい。
なあなあで済むのはアークエンジェルの中だけよ。
隠居するならするで頼まれもしないのに世界を混乱させるのはやめてくださいね。
…デステニではちゃんとケジメつけてくれるんでしょうか。

そういやラクス暗殺は議長の仕業だったと決定づけられたのかしら?
「ラクスがこうだと決められるのは困る」だの「そうじゃないラクスはいらないとか」だの
「そんな世界は傲慢だよ」とはキラ様のお言葉。
なんだかなー本物があまりにもロクでもないせいか、渇いた笑いしか出てこないよ。
傲慢なのはキラ様ラクス様だと思う。
どーせ気にいらなかったらまたしゃしゃり出て来るんでしょ。
うあーもー。



・宣誓!

議長はデスティニープランの導入実行を宣言しました。
「ギルバート…」って思わずつぶやいたタリア艦長にときめきましたよ!!

成功するわけないしょー。というのが感想です。無理だべや。
プラント遺伝子学会に明日はあるのか?!

ちなみにシンの出番はここだけでした。


シンを出せー。


「議長…」って困惑気味につぶやくだけ。


シンを出せー。


議長の言う幸福にちょっと疑問を持っているらしいシンなので、諸手を挙げて賛同というわけにはいかなそうです。

シンを探していたらしいルナマリア、シンはレイと一緒にいたよ…。
ルナマリア不憫なり。どうかどうかこの子には幸せを。



・ミーアはどこへ。そして、この子どこの子。

遺体安置所(?)みたいなところへ運ばれるミーア。
そ、それじゃスカートの中が見えるよアスラン!!
なんでAAクルーが整列して見守っているんだろう…。
なまら変な場面。???となりました。

ミーアの身元は不明ですか。悲しすぎる。

ミーアのことは「ミーア・キャンベル」という名前しか知らなかったアスラン。
アスランは悔恨をにじませた声で「何も聞かなかったんだ」と。
うわあこれはかなり残酷だー。
アスランもいっぱいいっぱいでそれどころじゃなかったと思うのですが、アスランはやっぱりそこで自分を責めるのね。
ミーアとして見ていたのだから、ミーアのことを少しでも聞いておくべきだった、とか考えてるのかなあ。

このままではミーアの死を連絡すべき人もわかりません。
家族は、友人は、恋人は。
遺品に身元を特定できるものはないかと捜し、一枚のディスクを発見。
しかしそこからミーア本人に関する情報はほとんど無し、ですか。
記録できなかったのかな。

ミーアの遺体はどうしたんだろう。
結局連絡すべき人が見つからなかったからといって勝手に埋葬していいものかと。うーん。
もしご両親が健在なら娘の最期を知りたいでしょうに。



・ミーアの日記。

身元や家族の手がかりを探すため(?)に開かれたミーアの日記。
やたらと「がんばる」という言葉が多用されてました。
相当努力してたんだろうなあミーア。
グラビア特集がかわいかったよ…。いいもん見たよ…。

日記のミーアは普通のキャピキャピとした女の子でした。
もっと「世界のために」「人のために」ということを考えてそうだったんですけど、
日記にはそういうことはあまり書かなかったようです。
(純粋なミーアを利用した議長は悪!と言いたいがための演出かもしれませんけど。)

最初はラクスの「役割」を「仕事」と割り切っているようにも見えたのですが、
段々とアイデンティティが揺らいでいくのが痛々しかった。
「私"嘘"だからちょっと気が引けるけど、でもみんなを励ましたいって気持ちは"嘘"じゃない。」
「がんばらなくちゃ!ラクス様のように、ラクス様のように。"私の声"もみんなに届きますように。」
と日記にもあるように「ラクスの代役」にただただ必死なミーア。
そんなことを考えながら「お仕事」してたのね。

でもピンクのザクには…感動してたのか…ミーアごめん。
あれ見て「注文を受けたロゴスもドンビキしただろうなあ」と思ってました…。


世界情勢は不穏で、戦争が激化していき、代役に疲れてきたらしいミーア。
本物ラクス様のシャトルジャック事件はどう思ってたんだろう。
「本物かもしれない」奴が現れて、かなり不安だったんじゃないかと思うのですが。
ただ「あぁん?」のミーアはかなり好きでした(笑)。
「あぁこのミーアならアスランを襲ってもいいかも!」と思ったくらいですもん。(待て

ミーアは最期まで議長を信じていたようで。
「議長の言うことは正しいんだからみんな聞けばいいのに。」とか。
アスラン脱走のときも「アスランておかしい」ですもんね。私もそう思うけどさー。
「何で?!」「議長の言うことは正しいのよ?!」「なのに、なぜそんなことするの?!」
と、「いずれ君も殺される!」とアスランに言われて動揺していたミーア、もっと自分の身のことを考えていたものだとばかり。
それとも日記で自分に言い聞かせていたのかなあ。意外なり。

最後はラクスの代役として自分がしていること、の事実に混乱してきたようです。
「だからこれは私の言葉…でいいのよね」がすごく哀しかった。
スケジュールは充実してたんだろうけど、「ミーア」がその分減っていくような気分だったんじゃないかなあ。
本物電波が電波ジャックした後のミーアの言葉。
「ラクス・クラインって本当はなんだったんだろう?誰のことだった?私?」には泣けました。
「そうだよね?"私"がやった。だから、"私"は…"私"が…」
の弱弱しさ。しんどくても夢が見たかったミーアがとても哀しい。



・アスランとのこと。

そういえばミーアはラクスとアスランが婚約者ではないということを知らずに死んでしまったのか…。

ここからはかなり妄想です。お願いします怒らないでください。

怒らない方だけどうぞ↓


管理人は超錯乱している!

[PR]

by kanade_s | 2005-09-13 02:50 | デステニ感想

遅くなりました、デステニ46話感想後半。

デステニ46話感想後半です。
劇場での戦闘が中心です。
※AA好きさんは見ないでください。※

More
[PR]

by kanade_s | 2005-09-07 07:07 | デステニ感想

遅くなりました、デステニ46話感想前半。

※AAお好きな方は読まないでください。※

まだ追悼なんてしないもん。
まだミーア生きてるかもしれないもん。

遅くなってしまいましたごめんなさい。
デステニ46話感想、どうぞ。

長いです。
[PR]

by kanade_s | 2005-09-07 07:05 | デステニ感想