<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一週遅れなデステニ49話感想。

最終回見る前に感想書けばよかったと本気で思いました。

この1年…私はいったい、何を…(ミッチー風)
[PR]

by kanade_s | 2005-10-04 12:35 | デステニ感想

デステニ50話メモ

なんてことでしょう。
49話感想を書き終わらないうちに本編が最終回を迎えてしまいました。


デステニ50話の感想メモです。


戦場の隅で、ボロボロになってフェイズシフトダウンしたインパルスとデスティニーの傍らで抱き合うシンとルナマリアがすごく絵になってました。
あぁいう場面が妙にツボだったりします。
好きなんですよ。
大破したMSの脇、ふたりでぽつんと、レクイエムやメサイアが破壊されるのを眺めている様子はわあ最終回!っていう感じでした。
生身で二人っきりで抱き合うシンとルナマリアが、この二人らしくていいなあと。

…最終回まで私の目には「お姉ちゃんと弟」としか映りませんでしたが(笑)。
見ていてほほえましいです、この姉弟。かわいい。

このシーン、本当によかった。


・デステニのヒロインはタリア、ルナマリア、ステラでした。

ルナマリア、大活躍でしたねえ。
生きててよかった生きててよかった生きてて本当によかったよ!

まさかアスランに向かっていくとは思わなかったです。
先週のトンデモ発言で姉を陥れたメイリンを見ているので、ルナマリアの「よくもメイリンを!」発言は間違ってないような気がしてしまいます。でもアスランはメイリンの命の恩人でもありますですよ(笑)。
頭をよぎる想いを振り切ってアスランに向かっていくルナマリアに惚れました。
あっさりインパルスの手足もがれても、戦闘する気を失わないルナマリアがかっこよかったよ。

突然ジャスティスの前に出てきたのには驚きましたが。
シンもルナマリアも「もう二度と失いたくは無いでも~」(第2期のED曲)という心境だったと思うので、とっさの行動だったと思っておきます。多分ルナマリアは敵だと自分に言い聞かせても、目の前でアスランが死ぬのは耐えられないんだろうなあ。

で、シンに巻き添えに殺されかける、と。
それでも気絶したシンをコックピットから引きずり出して介抱したんだよねえ。
ああその場面見たかった…。
ルナマリアえらいよ。
もしかしたらメイリンのいるエターナルを撃ち落す気にすらなっていたのかもしれない。
だからアスランに向かっていくシンの気持ちもわかっていたでは。
ルナマリアすごいよ。
最終回あたりで、どんどん好きになりました。


ステラ、久しぶりです。
シンがアスランに殺されたのかと思って焦りました(汗)。
あんなに幼い感じだったけなあ、ステラ。
何故か裸で出てくるステラ。
「ちょっとだけ会いに来た」の言い方がかわいかった~w

…シンのすっぽんぽんの方が妙に卑猥に感じたのは内緒です。
ほっそいよ、シン!!どきどきしちゃったじゃないか(待て

違約すると「シンありがとう」ってことかな。
シンはステラの悲劇に固執するあまり、自分がステラに与えたプラスの物事も忘れ去ってる気がしたので、ステラのことを少しでも前向きにとらえなおせるようになるという成長の場面だと思っておきます。


タリア様ーーーー!!!!!

「この人の魂は、私が連れて行く」ですか。
最後の最後まですごく素敵でした。

ギルが「タリア」って呼ぶ声が安心したような声だったので、ミネルバクルーに対してだけじゃなくってギルにとってもずっと頼れるタリア様だったんだなあ。きっと家族にとっても頼れるお母さんだったに違いないのですけど。

タリアに最後を任せられたアーサー、君は信頼されていたんだ。
タリア艦長とアーサーのコンビは最後まで堅牢でした。50話通して楽しかったよ、タリアとアーサーのブリッジ漫才(笑)。
あの後アーサーは立派にクルーを退避させたものと信じています。あの敬礼にタリアも安心しただろうよ。(見てないかもしんないけど)
戦後アーサーはタリアの最期を知って(というか調べて)、一人で議長とタリアとレイに花を供えに行くんだろうな。たとえ3人の墓が無くても。

「ギルバート」も「レイ」も一人にできなかった優しい人でもありました。
子供のことは心を痛めているでしょうが、おそらくタリアはパートナーを信頼していたのでしょう。私が死んでもまだ彼がいる、と思って最後の決断をしたものと思われます。
婚姻統制で結婚した人だといっても、きっと悪い人じゃなかったんでしょうね。

タリア艦長、どうぞやすらかに。


・シン

結局アスランにやられちゃったかあ。
レイ、ルナマリア、アスラン、ステラと彼に影響を与えてきた人物みんなと総当たりしてみて、シンは変わってないなあと思いました。

憎しみから出発した、という設定が今でも大好きです。
過去にとらわれてもがいて壁があったらぶち壊す!なスタンスが大好きです。
愚かさが愛しい子なんですってば。
弱きを助けて強きを挫くスピリッツがヒーローっぽくて大好きです。
シンのMS戦での戦い方が爽快で大好きです。

成長していないと取られるかもしれないですけど、シンは「私が好きになった点」をそれほど損なわずに最終回まで来てくれたのでよかった。うん。

せっかく生き残ったんだから、世のため人のために生きてくださいな。
家族の理不尽な死を受け入れても、世の中の理不尽への義憤は持ち続けてほしいとこっそり願っていたり。

あれ、私こんなにシン好きだったっけ。


・その他。

アスランがインパルス破壊してデスティニー倒してレクイエム壊してた。
レクイエムが爆発したとき、中に飛び込んだように見えてちょっと焦りました。
オーブが撃たれなくてよかったね。それだけで十分です。

イザークとディアッカ、エターナルの防衛へ。
イザークがちょっと投げやりな声だった気がするんですけど。
えぇい!もうどうにでもなれぇい!!みたいな。
目の前でジェネシス二度も三度も見るという貴重な経験をした二人。
悪運が強いのか、なんなのか。

戦後、旧ザラ隊はおとなしく裁判受けてそうだなあ。


以上です。メモなのに長い。
[PR]

by kanade_s | 2005-10-02 00:14 | デステニ感想